横須賀版 掲載号:2016年10月14日号 エリアトップへ

年の差50歳 「還暦vs中学生」 老練な野球で孫世代を圧倒

スポーツ

掲載号:2016年10月14日号

  • LINE
  • hatena
緩急自在の投球で翻弄したシニアチームの伊藤さん
緩急自在の投球で翻弄したシニアチームの伊藤さん

 不入斗公園で今月10日、還暦以上の選手が所属する「横須賀シニア」と市内中学生チームの野球の交流試合が行われた。市内各地でイベントが催される「よこすかスポーツフェスタ」の一環で、横須賀市教育委員会が主催した。

 中学生は日程の関係上、岩戸中と衣笠中の連合チームで試合に臨んだ。「横須賀シニア」は先月の還暦野球全国大会で日本一に輝いた強豪チーム。年の差が50歳ほど離れたユニークな対決となった。

 試合は、初回ともに0点と静かな立ち上がり。しかし2回、横須賀シニアは1死2、3塁のチャンスを作ると、ランナーが走って、バッターが打つヒットエンドランを敢行。これが見事にあたり、平凡な投手ゴロで先制点をあげた。経験を重ねた”技あり”の一打を見せられた中学生はその後のイニングでも要所でエラーが出て、ずるずると失点を重ねてしまった。打線も横須賀シニア先発の小松浩幸さん(60)が繰り出すカーブやシュートを交えた緩急自在のピッチングに手も足も出ず。6回に投手交代を機に無死2、3塁の絶好機を作り出すと高橋憧吾君(衣笠中・2年)がクリーンヒット。一矢を報いた。

 結果は11─1で還暦チームの完勝。「コントロールが甘くなるとほとんど打たれた」と3回で3失点を喫した中学生チーム主将の橋本翔太君(岩戸中・2年)は脱帽といった様子。一方、「孫の相手をしているようで楽しかったよ」と笑顔で話す5回を1安打無失点に抑えた小松さん。両者の対照的な表情が物語るように、60代ナインが”老練な野球”で力の差を見せつけた形となった。

散発3安打に抑えられた中学生チーム打線
散発3安打に抑えられた中学生チーム打線

横須賀版のローカルニュース最新6

ノジマに”エコ”ピラミッド

ノジマに”エコ”ピラミッド 教育

横校生制作の啓発作品

11月27日号

「飲まない」市場を攻略せよ

「飲まない」市場を攻略せよ 経済

“ゲコノミクス”提唱者が語る飲食業の販路開拓

11月27日号

商店街の魅力を再発見

浦郷小6年生

商店街の魅力を再発見 教育

歳末イベント「お手伝い」

11月27日号

JAで防犯訓練

「コロナ対策」市に17の提言

横須賀市議会

「コロナ対策」市に17の提言 政治

11月27日号

湘南信金が防災備蓄食を寄贈

湘南信金が防災備蓄食を寄贈 社会

食支援のNPOに1万8千食

11月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク