横須賀版 掲載号:2016年11月4日号
  • googleplus
  • LINE

旧軍港4市 味の競演 召しませ「海軍グルメ」 産業まつりで食べ比べ

経済

右上から時計まわりに「よこすか海軍カレー」「佐世保ビーフシチュー」「舞鶴・呉肉じゃが」
右上から時計まわりに「よこすか海軍カレー」「佐世保ビーフシチュー」「舞鶴・呉肉じゃが」
 今年4月に文化庁の「日本遺産」認定を受けた旧軍港4市(横須賀市・呉市・佐世保市・舞鶴市)の看板グルメが一堂に会する「旧軍港四市グルメ交流会」が11月5日(土)、よこすか産業まつり(三笠公園)で催される。1999年から4市の持ち回りで行われている企画だが、同認定以降初の実施とあって注目度が増している。食の観点から”海軍文化”に触れる絶好の機会となりそうだ。

 カレー、ビーフシチュー、肉じゃが。食卓でおなじみの3品はいずれも海軍由来とされている。

 カレーは、1908年発行の「海軍割烹術参考書」に記されていたレシピにならって、横須賀市内の飲食店が復元したもの。日本海軍で調理されていたれっきとした軍隊食だ。

 佐世保と縁の深い東郷平八郎がイギリス留学中に食して、その味に感動を覚え日本に伝えたというのがビーフシチュー。「海軍割烹術参考書」には、シチュー・ド・ビーフの名称でレシピが記されている。

 かつて”元祖争い”が繰り広げられたことでも知られる肉じゃがは、呉と舞鶴のご当地グルメ。先のビーフシチューを東郷が部下に命じて作らせたが、ドミグラスソースもワインもない時代。肉、じゃがいも、玉ねぎを醤油と砂糖で煮た”似て非なる”料理ができあがった。これが肉じゃがの原型。両市で唯一異なるのがグリーンピースの有無。舞鶴にはあるが、呉には入っていない。

横須賀版のローカルニュース最新6件

「チーム横須賀」悲願の初V

かながわ駅伝

「チーム横須賀」悲願の初V

2月16日号

「ルーツは譲れない」

どぶ板通り商店街

「ルーツは譲れない」

2月16日号

「日本と外国の架け橋に」

「氷の日本犬」凛々しく

奇跡の船と少年の物語

かながわ信金

奇跡の船と少年の物語

2月16日号

雫さん米国に到着

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光に満ちた色彩の「航跡」

光に満ちた色彩の「航跡」

横須賀美術館で青山義雄展

2月10日~4月15日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク