横須賀版 掲載号:2018年1月1日号 エリアトップへ

女子バレーボール 古川あおいアンさん(15歳) 高さとパワーを武器に

スポーツ

掲載号:2018年1月1日号

  • LINE
  • hatena
全国の中学代表の中でもずば抜けた高身長
全国の中学代表の中でもずば抜けた高身長

 身長183cm。その”高さ”だけでなく、長い腕から繰り出す力強いスパイクが武器だ。昨年末のJOC都道府県対抗大会では県代表、さらにはユース代表候補にも選出。指導する大津中バレー部顧問の伊藤先生は「全日本のエースアタッカーに」と活躍を期待する。

部活で開眼

 横須賀は小学生チームも多く、比較的バレーボールが盛んな地域。だが、小さい頃から慣れ親しんでいた訳ではなかった。スポーツはサッカーやバスケを楽しむ程度。「身長を活かせる」-と中学校の部活で、スタートラインに立った。はじめは「ボールのコントロールが難しい」という印象。気後れしていたが、春高バレーで活躍する大阪代表選手のプレーを見て、憧れと目標が芽生えた。大津中では伊藤先生の指導のもと、2年連続で関東大会へ。チームを引っ張るエースとして実力をつけていった。

 昨年2月には、中学生の長身選手発掘育成合宿に参加。その後、県やユース代表候補に選出され、技術研鑽に励んでいる。「バレーはボールをつなぐスポーツ。コミュニケーションの大切さを改めて感じた」。平日は部活、毎週末は県代表の練習、全日本では合宿―まさにバレー漬けだが、どの場面でも得るものが多いという。

世界で戦う「強い身体」

 代表候補の練習では、アスリートとしての「身体づくり」を学ぶための時間を多く割いていた。食事や栄養面だけでなく、女性の身体変化など内容も豊富。特に成長途上の時期、体のバランスが崩れると怪我も多くなる。体格が大きければなおさらだ。スパイク着地時、足腰に掛かる負担は体重の3〜5倍と言われる。「良い状態で試合に臨めるように」と、日々の体調や自身の体質と向かい合いながら、食事やトレーニングを考えるようになった。プレーヤーとして自分を引き上げるための努力は惜しまない。伊藤先生は「技術だけでなく世界で戦うために必要な知識を吸収して帰ってきている」と、成長のスピードに目を見張る。

目指すは五輪代表

 母親は実業団チームの選手だったが、バレーを強く勧めることはなかったという。今は一番の応援団。「今まで辛い練習を頑張ってきたのだから、(レシーブも)必ず上がると自分を信じて―と励ましの言葉をかけてもらった」と話す。食事面や身体のケアなどでも支えてくれている。厳しい世界を勝ち抜いてきた大先輩としても心強い存在だ。

 4月からは市内のバレー強豪校に進学予定。「3年間しっかりと苦手を克服して、その先の実業団や五輪を目指したい」。定めた目標に向かって邁進している。

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク