横須賀版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

城ケ島で贅沢キャンプ 島内活用のモニター事業

経済

広場ではキッチンカーでおもてなし
広場ではキッチンカーでおもてなし
 県立城ヶ島公園で先月22日から3日間、グランピングキャンプを体験するアウトドアイベントが催された。

 グランピングとは、「魅力的な」を指す「グラマラス」と「キャンピング」をあわせた造語。豪華なテントなどに宿泊し、高級ホテルのような食事やサービスが受けられる新しいキャンプスタイルとして人気と注目を集めている。

 今回は県や三浦半島4市1町が地域活性に取り組む「三浦半島魅力最大化プロジェクト」のモニター企画として実施。定員6組に対して約800組の応募があるなど、高い関心が示された。

 ユースホステル跡の芝生広場に、タイプの異なる3種のトレーラーハウスを設置。ソファーや間接照明などの装飾で豪華さを演出した。食事は三崎まぐろや城ヶ島さざえ、三浦大根などの多彩な地産地消ディナーが振る舞われ、アクティビティとして星空観察などを楽しんだ。

 県は「グランピングがビジネスとして成立するか検討し、今後の方策を決めたい。閑散期となる冬の城ヶ島の利活用にも反映できたら」と展望を述べた。

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク