横須賀版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

「ミニキャブ」挿絵でコラボ クラフトマーケットで販売

文化

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

 昨年10月に、材木店の遊休スペースを改築して設けられたアート作品のショップ・ショールーム「追浜クラフトマーケット(追浜町2の15)」。これに出展した作家から、新たなコラボ作品が生まれている。

 月1回、この場所で開かれているフリーマーケットに毎回出展しているのが、追浜町で「カフェ カメリア(追浜町3の11)」を営む関川日出雄さん=写真。「いわなべ仙吉」名義でライフワークとして長年、児童文学を綴っている。自らで製本した童話を販売。ここでの出会いが縁となり、作品のひとつ「ミニキャブのレオン」に、同マーケットを主宰する石渡孝さんが挿絵を描いてくれた。修理工とミニキャブの物語で、ストーリーに併せて黄色い車がさまざまな表情を見せる。「挿絵が入ったことで話のイメージがさらに膨らむ」と関川さん。車を主人公にしたのは地元企業に勤めるカフェの客との会話がヒント。市外から移住し、カフェを開業して1年半、「まさに追浜で生まれた絵本」と話す。

 現在、月に7作ほど執筆しており、100号を目標としているという。カフェ店内では、同作の販売のほか、原画の展示も行っている。*今月のフリーマーケットは24日(土)に実施。

横須賀版のローカルニュース最新6

3年ぶりに歓喜の胴上げ

横須賀シニアクラブ

3年ぶりに歓喜の胴上げ スポーツ

川崎市長杯で2連覇

5月27日号

「縄文時代」命名の地

「縄文時代」命名の地 文化

旧田戸遺跡に公園設置要望

5月27日号

工作兵5千余名を悼む

久里浜 戦没者慰霊祭

工作兵5千余名を悼む 社会

5月27日号

日本庭園でワークショップ

日本庭園でワークショップ 文化

初夏の「万代テラコヤ」

5月27日号

市井の研究者、独自の視点で

横須賀製鉄所テーマに講演

市井の研究者、独自の視点で 文化

仏医師の功績と機械工作設備

5月27日号

ライブ文化を取り戻せ

ライブ文化を取り戻せ 社会

マスク画描き、音楽業界支援

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook