横須賀版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

動き出す「エンタメ都市構想」 音楽のチカラ 横須賀に活気

文化

 横須賀市は、横須賀発の新人音楽アーティストを全国、世界に羽ばたかせる壮大なプロジェクトをスタートさせた。世界最大の音楽レーベル「ユニバーサル ミュージック」と横須賀芸術文化財団と連携、オーディション形式で若い才能を発掘する。上地克明市長が主導する「音楽・スポーツ・エンターテイメント都市の実現」を施策として具体化したもの。”音楽があふれるまち”のイメージを市内外にアピールしていく。

オーディションで才能発掘

 プロジェクトの名称は「YOKOSUKA INNOVATION MUSIC AUDITION 2018」(略称=YIMA)。自治体と音楽会社が双方の役割を活かして、世界を狙う新人音楽アーティストを支援する試みは日本初だという。

 ユニバーサル ミュージックは「音楽×地方創生」をコンセプトにしたプロジェクトを打ち出しており、昨年は佐賀県とタイアップ。全編佐賀で撮影したアーティストのミュージックビデオを通じて地域の魅力発信を行っている。

 応募資格は13歳以上〜満25歳以下の音楽クリエイター。ジャンル・形式・パートは問わない。書類、音源・動画などによる1次審査を行い、8月4日(土)にヨコスカ・ベイサイド・ポケットで公開ファイナルオーディションを開く。優勝者はメジャーレコード会社から楽曲が世界配信される。

 主催者のひとりである上地市長は「世界に挑戦したい若者が横須賀へ集い、新たな才能として羽ばたくことを期待している」とコメント。公開オーディションによる審査は上地市長が英国のTV番組から着想を得たという。

 応募期間は6月22日(金)まで。公式サイトに詳細。【URL】https://sp.universal-music.co.jp/yima2018/

夏夜に猿島でパーティー

 横須賀市はエンタメ都市構想の一環として、夜の猿島の活用にも乗り出す。7月上旬から9月上旬までの毎週土曜日、イベント会社が「Tropical Disco」と題したパーティーを開催。実験的な試みで、午後9時まで島内に滞在できるなど利用制限を緩和する。国内外の著名なアーティストの出演も予定されている。市は無人島の話題性とともに若い世代の誘客を狙う。

横須賀版のトップニュース最新6件

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を8月21日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

2世帯住宅リフォーム助成制度

横須賀市は「市外から子ども家族を呼んで同居したい」を応援しています!

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4805/tokei/2setai/2setai.html

<PR>

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最強決める闘い

最強決める闘い

花の国で昆虫バトル

8月18日~8月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月10日号

お問い合わせ

外部リンク