横須賀版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

「身土不二」実践の物語 居酒屋店主が本出版

文化

本体1700円+税/出版社 コモンズ
本体1700円+税/出版社 コモンズ
 国際協力NGOのメンバーとして1990年代にタイで活動したのち、京急久里浜駅至近で飲食店「百年の杜」を経営する松尾康範さん(=人物風土記で紹介)が、『居酒屋おやじがタイで平和を考える』を上梓した。

 松尾さんは学生時代からボランティアとして、タイで地域の経済活動に資する「地産地消」を推進。むらとまちを結ぶ市場の立ち上げなどにも尽力した。2004年には、グローバル化に立ち向かう現地農民の支援活動を記録した『イサーンの百姓たち─NGO東北タイ活動記』を出版している。今作はこれを下敷きに、日本の農業と食の事情や日本酒にまつわるエピソード、旅を通じた人の交流を加えて再構築。軽妙な文体で読みやすく仕上げている。

 本体1700円+税で7月中旬に市内書店ほかで購入できる。

 松尾さんはアジア農民交流センターで事務局長も務めている。

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

圧巻のステージドリル

圧巻のステージドリル

消防音楽隊の定期演奏会

10月14日~10月14日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク