横須賀版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

卓球部 「一球入魂」狙うベスト4

スポーツ

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
団体戦のメンバー、左上から時計回りに望月龍大君、山本東吾主将、松井翔君、木田蓮斗君
団体戦のメンバー、左上から時計回りに望月龍大君、山本東吾主将、松井翔君、木田蓮斗君

 卓球部団体は4年ぶりの優勝。決勝リーグでは、関東大会準優勝の湘南工科大付属と接戦を繰り広げフルセットの末、最後は主将の粘りのプレーで勝利を掴んだ。

 強さの根源は日々の練習にある。「一球一打に精魂をつくせ」―。卓球部の練習は6つの部訓を読み上げるところから始まる。顧問の渡邉優樹教諭が掲げるのは「考えさせる卓球」。基礎以外は教えすぎず、自分がどうすれば成長できるかを研究させるという。自身も元三浦学苑卓球部。「練習でどれだけ言われても、試合中に頼れるのは自分だけ」。選手時代の経験が現在に活かされている。

 卓球場の壁に貼られているのが、選手たち手書きの「目標シート」。中心には「団体優勝」の文字、その周りに目標を達成するために必要な要素が羅列されている。自分が勝つためにすべきことを明確にしているという。

 練習中、一人の選手が突然大声を上げる。すると全員が反応する―。緊張感が欠けている、だらけていると感じた選手が自主的に声を出し、檄を飛ばしているのだという。「練習で一番意識しているのは緊張感」と選手と監督が口を揃える。実践練習の後には、隣接する大明寺の階段を10往復走り込む。選手たちの太ももの大きさが、その努力の証だ。

 数年前にはほとんど勝てなかった強豪・湘南工科大付属と肩を並べるまでに成長。県予選を4年ぶりに制覇し、神奈川ナンバー1のプライドを胸に全国の舞台に挑む。目標は「ベスト4」。大会は8月3日から愛知県で開催。4人は個人戦でも出場する。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

絵本専門店で墨絵展

俳優・石丸さん

絵本専門店で墨絵展 文化

「野筆」使い山岳風景など

1月14日号

御朱印文化 デジタル技術で

芦名浄楽寺

御朱印文化 デジタル技術で 文化

NFT活用 三浦半島初

1月14日号

一糸乱れぬ勇壮なパレード

一糸乱れぬ勇壮なパレード 文化

出初式に代わり初の試み

1月14日号

“愛で鯛”企画展

観音崎自然博物館

“愛で鯛”企画展 教育

はく製や研究物などズラリ

1月14日号

混ざり合う音楽とアート

森鴎外舞姫の世界

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook