横須賀版 掲載号:2018年10月12日号
  • LINE
  • はてぶ

市教委 就学援助費 基準見直し 来年度から対象世帯縮小

教育

就学援助率の推移
就学援助率の推移
 経済的な負担が困難な世帯の小中学生に学用品や通学用品、学校給食費などを援助する「就学援助制度」。横須賀市では昨年度、市内の小中学生6747人がこの制度を利用している。児童生徒総数の23・6%に当たり、県内平均(約15%)と比べると高い割合となっている。市では支給の所得基準を来年度から変更、対象者が約9%減る見込みだという。

 この制度は学校教育法に基づき、経済的理由で就学困難と認められる学齢期の児童生徒に、学用品や修学旅行・校外での活動費、給食費などを援助するもの。昨年度、同制度を利用した児童生徒は6747人で4・2人に1人の割合。入学準備や修学旅行の費用など学年によって違いがあるが、学用品に約1万5千円(小学2〜6年)のほか、給食費や校外活動費等は実費相当額を支給している。

生活保護基準に連動

 受給の対象は生活保護法の「要保護」世帯と市区町村が認定する「準要保護」世帯。横須賀市が「準要保護」としているのは、所得が生活保護基準の1・5倍の世帯まで。具体的な数字で言うと、夫婦と子ども2人の世帯では432万円の所得で受給することができるという。この基準は全国の自治体で異なり、約8割が(生活保護基準の)1〜1・3倍。県内19市のうち横須賀市を含めた約半数が「1・5倍」を認定基準としており、市教育委員会支援教育課では「横須賀市が他市に突出して高い訳ではない」と話す。

 ここ数年を見ると、児童生徒数の減少と共に受給者数は減っているものの、就学援助率は年々上昇の傾向にある。市議会でも「準要保護の在り方を考える時期では」と言った指摘も出ていた。同課では、「支援を適正に行き渡らせ持続可能な制度とする」ことを目的に認定方法の見直しを行い、来年度から実施する。現状では、受給対象者を2013年4月の生活保護基準を基にしているが、これを17年ベースに変更。1・5倍という認定基準は据え置きだが、所得水準が引き下げられるため、これまでの受給者のうち、約650人(9%程度)が対象外となる見込み。現在、システムの改修を行っており、新入学児童生徒学用品費等の入学前支給に関しても、まずは現・小学6年生から前倒しで対応できるようにしていくという。

横須賀版のトップニュース最新6件

「ちぐさ賞」に宮脇(ジャズクラリネット)さん

建て替え10年で廃園へ

諏訪幼稚園

建て替え10年で廃園へ

10月19日号

歩いて楽しい散策路

1万メートルプロムナード

歩いて楽しい散策路

10月12日号

逗葉・逗子を再編統合

神奈川県教育委員会

逗葉・逗子を再編統合

10月5日号

映像など館内展示強化

ペリー記念館

映像など館内展示強化

10月5日号

夏島グラウンド 供用開始

横須賀市

夏島グラウンド 供用開始

9月28日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

海から眺める歴史遺産

海から眺める歴史遺産

「SUPツアー」モニター募集

10月27日~10月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク