横須賀版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

観音崎自然博物館 希少幼魚を生体展示 三浦の小網代漁港で発見

教育

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
展示中のハナビラウオ(22日撮影)
展示中のハナビラウオ(22日撮影)

 生態に謎が多い「ハナビラウオ」の幼魚が捕獲され、鴨居の観音崎自然博物館で今月18日から展示されている。生きた状態で捕獲されるのは全国的にも稀。同館は生存し続ける限り公開する予定という。

 同館エントランスホール内の小型水槽で展示されている幼魚は22日現在の全長は5cmほど。全身が半透明で、卵円形。骨や内臓が肉眼で確認できる。同館学芸部長の山田和彦さんは「本来は深海魚であり、幼魚は稀に近場で見つかることもあるが、こうして生きた状態で鑑賞できるのは珍しい」と話す。30年近く魚の研究を続けている山田さんでさえ標本で数回見た程度。生きた状態は初めて目にしたというほどだ。

 17日に三浦市の小網代漁港で釣り船店の知り合いから山田さんのもとへ「名前の分からない珍しい魚を捕まえた」と連絡が入った後ハナビラウオの幼魚と判明。翌18日に同館へ持ち込まれた。生態に謎が多く、飼育例も全国でまだ少ないため、餌付けにも手を焼いている。手探りで飼育を続けており、現在はクラゲの幼生「ポリプ」を与え、ようやく餌付いてきた。

 開館時間は午前9時から午後5時(最終入場は4時30分)。16歳以上400円。月曜休館(祝日の場合は翌火曜)。

 問い合わせは同館【電話】046・841・1533

【ハナビラウオ】スズキ目エボシダイ科の一種で、分布域は釧路以南の各地、北西太平洋、インド洋、大西洋。成魚では体長50cm前後になる。稚魚・幼魚時代はヒレが長く左右に薄く花弁のようにひらひらしていることが語源。幼魚は海表層のクラゲの触手などにつくことから別名「クラゲウオ」とも呼ばれる。成魚は700m以浅の海底に生息し、定置網などにかかることもある。食用魚の一種ではあるが捕獲されることは珍しく、一般的には流通していない。

久里浜中央自動車学校

「より安全な行動をとれる運転者」の育成に努めています。

https://www.kuri.co.jp/

株式会社 松尾工務店

おかげさまで創業102年――。横浜市のゼネコン!

http://www.matsuo-komuten.co.jp/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

“3密”避けた新マラソン

横須賀市×観光協会

“3密”避けた新マラソン スポーツ

クラウド上で1カ月間

10月23日号

三浦半島で「車中泊」いかが

三浦半島で「車中泊」いかが 経済

京急とベンチャーの新事業

10月23日号

近隣住民も反発

横須賀港新フェリー航路

近隣住民も反発 社会

生活に支障、港湾事業者に同調

10月16日号

男女団体で関東大会へ

湘南学院ゴルフ部

男女団体で関東大会へ スポーツ

“プロの卵”が躍進誓う

10月16日号

「歯ブラシ選び」専門家が指南

神歯大附属病院

「歯ブラシ選び」専門家が指南 社会

専門ショップ院内に開設

10月9日号

「地域クーポン」加盟低調

GoToトラベル

「地域クーポン」加盟低調 経済

手間な申請、事業者に浸透せず

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

記憶の整理整頓

タウンニュース自分史教室

記憶の整理整頓

10月27日~12月22日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク