横須賀版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

池上に存在した?「宮沢賢治子供会」 妙蔵寺が情報提供呼びかけ

文化

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
境内の掲示板で呼び掛けている
境内の掲示板で呼び掛けている

 池上にある妙蔵寺の掲示板に「情報提供のお願い」と書かれた紙が張り出されている。内容は、1944年から約1年半、横須賀海軍工廠で徴用工として働いていた当時38〜39歳の菊池二郎氏(別称:菊池暁輝 木口二郎)が市内に開設したとされる「宮沢賢治子供会」”第二オホゾラ学校”について。当時がわかる資料も残っておらず手がかりを求めている。

 39年に海軍工廠内にあった工員の養成施設が池上に移転。現在の池上3丁目から平作8丁目一帯に、校舎や数千人が生活する宿舎が広がっていた。全国各地から多くの徴用工員が集められたが、その中にいたのが菊池氏だ。

 岩手県盛岡市で生まれた菊池氏は、宮沢賢治の作品や感性を後世に広めようと、宮沢賢治が逝去した翌34年、本人とも親交のあった作家の森荘已池氏とともに「宮沢賢治の会」を創設。会の活動の中で菊池氏は、小学生らを集め宮沢賢治の作品や感性に触れることを目的とした「宮沢賢治子供会」を岩手県で結成し毎週のように活動していた。

徴用工員宿舎付近で活動

 小学生当時、岩手県の子供会に参加し、現在は菊池氏の功績や活動を調べているという寺山正義さん(厚木市在住)。偶然妙蔵寺の檀家と知り合い、昨年同寺を訪問した。寺山さんによると菊池氏は、1944年1月から45年9月まで横須賀で徴用工として働き、その間に「宮沢賢治子供会」”第二オホゾラ学校”を開設した記録があるという。具体的な場所は示されていないが寺山さんは「徴用工宿舎に近い妙蔵寺で、子供会が開かれていた可能性は十分にある。菊池氏は私自身の人生に影響を与えてくれた人。一人でも当時を知る人がいれば」と呼びかける。同子供会では宮沢賢治作詞の歌「精神歌」の合唱や「雨ニモマケズ」の朗読などをしていた。同寺の杉崎昌文副住職によると、当時の寺の状況を知る者がおらず、記録にも残っていないため、子供会があったかどうかは不明だという。

 情報提供は妙蔵寺まで【電話】046・851・0613

久里浜中央自動車学校

「より安全な行動をとれる運転者」の育成に努めています。

https://www.kuri.co.jp/

株式会社 松尾工務店

おかげさまで創業102年――。横浜市のゼネコン!

http://www.matsuo-komuten.co.jp/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

入口で撃退する

入口で撃退する 社会

電話機購入に市が助成

10月23日号

仮面女子が防犯啓発

仮面女子が防犯啓発 社会

合言葉は「おおだこ(・・・・)」

10月23日号

旧署用地、市が県に取得要望

旧署用地、市が県に取得要望 社会

市道拡幅や駐車場整備想定

10月23日号

戸別訪問で注意喚起

田浦警察署 原 一夫 署長

戸別訪問で注意喚起 社会

10月23日号

コンビニと連携

浦賀警察署 杉本 彰 署長

コンビニと連携 社会

10月23日号

通報でコーヒー1杯

横須賀警察署 阿部 眞二 署長

通報でコーヒー1杯 社会

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

記憶の整理整頓

タウンニュース自分史教室

記憶の整理整頓

10月27日~12月22日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク