横須賀版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

池上に存在した?「宮沢賢治子供会」 妙蔵寺が情報提供呼びかけ

文化

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
境内の掲示板で呼び掛けている
境内の掲示板で呼び掛けている

 池上にある妙蔵寺の掲示板に「情報提供のお願い」と書かれた紙が張り出されている。内容は、1944年から約1年半、横須賀海軍工廠で徴用工として働いていた当時38〜39歳の菊池二郎氏(別称:菊池暁輝 木口二郎)が市内に開設したとされる「宮沢賢治子供会」”第二オホゾラ学校”について。当時がわかる資料も残っておらず手がかりを求めている。

 39年に海軍工廠内にあった工員の養成施設が池上に移転。現在の池上3丁目から平作8丁目一帯に、校舎や数千人が生活する宿舎が広がっていた。全国各地から多くの徴用工員が集められたが、その中にいたのが菊池氏だ。

 岩手県盛岡市で生まれた菊池氏は、宮沢賢治の作品や感性を後世に広めようと、宮沢賢治が逝去した翌34年、本人とも親交のあった作家の森荘已池氏とともに「宮沢賢治の会」を創設。会の活動の中で菊池氏は、小学生らを集め宮沢賢治の作品や感性に触れることを目的とした「宮沢賢治子供会」を岩手県で結成し毎週のように活動していた。

徴用工員宿舎付近で活動

 小学生当時、岩手県の子供会に参加し、現在は菊池氏の功績や活動を調べているという寺山正義さん(厚木市在住)。偶然妙蔵寺の檀家と知り合い、昨年同寺を訪問した。寺山さんによると菊池氏は、1944年1月から45年9月まで横須賀で徴用工として働き、その間に「宮沢賢治子供会」”第二オホゾラ学校”を開設した記録があるという。具体的な場所は示されていないが寺山さんは「徴用工宿舎に近い妙蔵寺で、子供会が開かれていた可能性は十分にある。菊池氏は私自身の人生に影響を与えてくれた人。一人でも当時を知る人がいれば」と呼びかける。同子供会では宮沢賢治作詞の歌「精神歌」の合唱や「雨ニモマケズ」の朗読などをしていた。同寺の杉崎昌文副住職によると、当時の寺の状況を知る者がおらず、記録にも残っていないため、子供会があったかどうかは不明だという。

 情報提供は妙蔵寺まで【電話】046・851・0613

横須賀版のローカルニュース最新6

力作3000点 webで公開

【Web限定記事】横須賀美術館

力作3000点 webで公開 教育

市内児童生徒による造形作品展

1月22日号

「獲れ高」楽しむウォールアート

【Web限定記事】

「獲れ高」楽しむウォールアート 社会

SNS投稿キャンペーン4月末まで

1月22日号

「忘れないで、シーサイドマラソン」

【Web限定記事】

「忘れないで、シーサイドマラソン」 スポーツ

公式キャラ「ラン丸」がYouTube配信

1月22日号

蝶野が語る地域防災

蝶野が語る地域防災 社会

2月28日 ウェビナーで

1月22日号

武山で不動明王開帳

「地域資源に目を向けて」

【Web限定記事】

「地域資源に目を向けて」 社会

湘南鷹取出身・江口氏が「SDGs」解説

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最先端を知る学ぶ

eスポーツ×教育・ビジネス

最先端を知る学ぶ

無料オンラインセミナー

2月2日~2月8日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク