横須賀版 掲載号:2019年4月12日号
  • LINE
  • hatena

カレーの街横須賀 20周年 盛り上げ多彩に 海軍カレー店で20円トッピング

経済

取り組みの概要を発表した記者会見。右下は20周年記念ロゴ
取り組みの概要を発表した記者会見。右下は20周年記念ロゴ

 横須賀市が「カレーの街」を宣言してから20周年を迎える今年、イベントや企画を通年で展開していくことを上地克明市長が発表した。第1弾として、カレー・スパイス料理研究家の一条もんこさんを「よこすかカレー大使」に任命。全国に向けたPR活動をさらに強化する。

 海軍ゆかりのグルメとしてカレーに着目した地域おこしは、1999年5月の「カレーの街」宣言から始まった。市と海上自衛隊、横須賀商工会議所、カレー事業者による官民一体の取り組みは、今や全国区の知名度。ご当地グルメブームの火付け役にもなった。

 市などは、20周年を弾みに「カレーの街」をもう一段上に昇華させる狙い。第1弾として、カレー研究家で自作のレトルトカレーなどを手掛けている一条もんこさんの「よこすかカレー大使」任命や、大手食品メーカーとのタイアップで20周年ロゴを付したカップラーメン、スナック菓子の全国販売を発表した。

 カレーの街よこすか事業者部会では、「20円トッピング」と題したキャンペーンを展開。5月18日(土)から6月30日(日)まで、加盟店のうち20店舗で「よこすか海軍カレー」を注文すると、20円の追加でチーズやまぐろのフライなどのトッピングサービスが受けられる。

 5月18日(土)・19日(日)の両日で開催する「よこすかカレーフェスティバル」では、「カレーやきそば」部門を新設。首都圏でカレーイベントを実施している横須賀・神田・下北沢の3つの地域で販売数を競う。同時開催するダンスステージでは、食とダンスの融合をめざして、カレーフェス仕様のダンスが披露される。

 その後の展開として、海上自衛隊やアニメコンテンツとの連携やカレーに関するシンポジウムなどが計画されている。
 

横須賀版のトップニュース最新6件

市内3校「先生が足りない」

多世代の地域交流拠点

太陽の家「鴨居ラボ」

多世代の地域交流拠点

4月19日号

来年4月から有料化

コミセン使用料

来年4月から有料化

4月12日号

猿島観光もっと快適に

ドローンで食材お届け

陛下のハゼ研究を手助け

小原台在住林さん

陛下のハゼ研究を手助け

3月29日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

上町の商店街が古本市に

横須賀ブックミュージアム

上町の商店街が古本市に

街活性化視野に規模拡大

4月20日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク