横須賀版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

東京大教授ら 授業中の脳活動可視化 三浦学苑で日本初の実証実験

教育

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
額の装置で計測した脳活動が、卓上のモニターに色で表示される
額の装置で計測した脳活動が、卓上のモニターに色で表示される

 東京大学大学院総合文化研究科の開(ひらき)一夫教授らは、授業中の生徒と教師の脳活動を可視化することで学習に役立てるシステムの実証実験を今年度から三浦学苑高校で実施する。今月27日には、実験のデモンストレーションが公開された。

 開教授らが着手するのは、教育とIT技術を組み合わせた「EdTech」と認知・脳科学を融合した学習支援技術の実証実験。YRP内の「横須賀市産学官交流センター」を研究拠点として進めていく。

 生徒は授業中、額に鉢巻のような測定器を装着。記憶や思考を司る前頭前野の血流量などを計測し脳の活動を可視化する。一人ひとりの変化は、卓上のパソコン画面に映し出される。青色は平静状態を表し、赤色に近づくほど脳が活動していることを表す。教師はリアルタイムで、生徒がどのタイミングで脳を働かせているのかを把握。システムが実用化すれば、授業内容の見直しや生徒自身の効率的な学習へ結び付けることができる。最終的には、生徒の習熟度にあった教材の提供などに活用したい考えだ。

 日本では初めての試み。実験は2022年までの4年間行われる予定で、英語と数学の授業で導入する。

「声掛けの材料に」

 今月27日には、実際に装置を用いたデモンストレーションが公開された。授業を受ける特進コース1年の伊藤海斗さんは「最初はすごく不思議な感覚だったが、集中していると存在を忘れる。中学までは暗記学習が中心だったが、今は考えることを意識するようになった」と感想を述べた。授業を行った野櫻慎二教諭は「生徒に声を掛ける際の材料になる。教員間でもより良い活用を共有していきたい」と話した。

横須賀版のトップニュース最新6

魅力高めるアイデア出して

横須賀市

魅力高めるアイデア出して 社会

遊歩道にカフェ、海岸活用など

7月19日号

マリンリゾートに転用

旧光洋小跡地

マリンリゾートに転用 経済

都内の事業者が開発計画

7月19日号

あちこち「ワンピース」

横須賀中央

あちこち「ワンピース」 経済

スタンプラリーで周遊企画も

7月12日号

新ごみ施設 11月に試運転

横須賀市

新ごみ施設 11月に試運転 社会

長坂に建設、地元と協定も

7月12日号

独自性評価 5件が入賞

新規事業オーディション

独自性評価 5件が入賞 経済

ヴィーガン餃子、ICT活用の運動指導など

7月5日号

歌って踊って全国発信

歌って踊って全国発信 教育

久里浜の保育園がオリジナルCD

7月5日号

子ども食堂に米を提供

横須賀市

子ども食堂に米を提供 社会

フードバンクを通じ継続的に

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

被ばく米兵の今

被ばく米兵の今

ベイサイド・ポケットで朗読劇

8月9日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク