横須賀版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

楽天×西友 ロボットが商品お届け うみかぜ公園で実証実験

経済

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena

 乗り物や移動の技術にIoTを活用する「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」に参画している楽天株式会社と合同会社西友は、今月21日からうみかぜ公園で自動走行ロボットを活用した配送の実証実験を始めた。一般利用者を対象にした商用サービスは国内で初めて。

 横須賀市が推進する「スマートモビリティ」は、移動や配送手段の社会課題をIoTの技術を使って解決を目指す試み。楽天と西友は既に7月から猿島へのドローン配送サービスを試行しており、今回の実証実験はこれに続くもの。自動走行ロボット(UGV/Unmanned Ground Vehicle)を使用し、うみかぜ公園内の利用者に商品を届ける。

 ロボットは全長約170cm、高さ160cm、幅75cmの赤色の四輪車で、時速約5Kmで走行=写真。ドローン配送と同様に、専用アプリから「西友リヴィンよこすか店」に注文し、その場で決済。同店のスタッフが公園入口(噴水側)で商品を側面のボックスに搬入後、完全自動走行を始める。公園内に設置された6カ所の受け取り場所へ指定された時間に配送。受け取り場所では注文者がロボット背面の画面を操作し、ボックスから商品を取り出す。走路などがプログラミングされており、障害物や人の横断なども感知して回避する。

本格運用に法律の壁

 今回は、市の許可を得て園内での走行実験が可能となった。今月19日に行われたデモンストレーションで楽天担当者は「外出困難者や丘陵地、夜間など配送の需要は多様にある。自動走行の技術は進化しているが、現状では法律の壁があり公道で走らせることができない。これをクリアすべく、実証実験をしっかり行い官民協働で取り組んでいきたい」とコメント。西友側も「流通業はドライバー不足などの課題も抱えている。こうした取り組みを将来に繋げていければ」と期待を示した。

 現在、同店と猿島の間で提供されているドローンサービスは、開始から70件近くの注文実績があり、ファミリーの利用が多いという。担当者は「空から荷物を受け取れるというおもしろさもあって好評。公園内の自動走行ロボットも楽しみながら使ってほしい」と話した。

 サービス実施は10月27日(日)までの土・日曜日で配送料は300円。注文受付は当日の午前8時から、一日最大12件の配送を予定している。

横須賀版のトップニュース最新6

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク