横須賀版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

”片足のサッカー”広めたい 競技者が大楠高校で授業

スポーツ

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
杖を軸に片足を振り子のようにしてボールを蹴る
杖を軸に片足を振り子のようにしてボールを蹴る

 上肢下肢に切断障害のある選手がプレーする「アンプティサッカー」を広めようと、競技者の松崎佑亮さん(浦賀在住)が先月27日、大楠高校で授業を行った。

 米国発祥の障害者スポーツで、「アンプティ」とは切断者を意味する。日常生活やリハビリ医療目的で使用される「クラッチ」と呼ばれる杖を駆使してプレーする競技。下肢切断者がフィールドプレーヤー、上肢切断者がゴールキーパーを務める。国内での競技人口は約100人と少なく認知度も低い。

「健常者も一緒に」

 松崎さんは昨年1月に事故に遭い左足を切断。小学校から社会人まで続けていたサッカーをあきらめきれず、障害があってもできるサッカーを探していた時に出会ったのがこの競技だった。現在は競技者として日本代表を目指しながら、普及にも取り組んでいる。

 松崎さんが講師を務めたのは、同校が独自に設定する「アラカルトスポーツ」という科目の一環。授業では競技の魅力などを映像を交えながら解説し、「切断者だけでなく、片足を上げてしまえば、健常者も同様にプレーすることができる」と話した。認知度の低さにも触れ「若い人にもっと知ってほしい」と呼びかけた。

 授業の後半では、実際に競技を体験。クラッチを使い走ったり横に動いたり、操作に慣れた後は実際にボールをキック。クラッチを軸足代わりにし、振り子のようにしてボールを蹴る、という特徴的な動きに生徒たちは苦戦しながらも、終盤には生徒と教諭で紅白戦を行うなど盛り上がりを見せた。

 松崎さんは「実際にプレーすることで競技の面白さや難しさを体感してもらえたと思う」と話した。

横須賀版のローカルニュース最新6

ノジマに”エコ”ピラミッド

ノジマに”エコ”ピラミッド 教育

横校生制作の啓発作品

11月27日号

「飲まない」市場を攻略せよ

「飲まない」市場を攻略せよ 経済

“ゲコノミクス”提唱者が語る飲食業の販路開拓

11月27日号

商店街の魅力を再発見

浦郷小6年生

商店街の魅力を再発見 教育

歳末イベント「お手伝い」

11月27日号

JAで防犯訓練

「コロナ対策」市に17の提言

横須賀市議会

「コロナ対策」市に17の提言 政治

11月27日号

湘南信金が防災備蓄食を寄贈

湘南信金が防災備蓄食を寄贈 社会

食支援のNPOに1万8千食

11月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク