横須賀版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

”片足のサッカー”広めたい 競技者が大楠高校で授業

スポーツ

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
杖を軸に片足を振り子のようにしてボールを蹴る
杖を軸に片足を振り子のようにしてボールを蹴る

 上肢下肢に切断障害のある選手がプレーする「アンプティサッカー」を広めようと、競技者の松崎佑亮さん(浦賀在住)が先月27日、大楠高校で授業を行った。

 米国発祥の障害者スポーツで、「アンプティ」とは切断者を意味する。日常生活やリハビリ医療目的で使用される「クラッチ」と呼ばれる杖を駆使してプレーする競技。下肢切断者がフィールドプレーヤー、上肢切断者がゴールキーパーを務める。国内での競技人口は約100人と少なく認知度も低い。

「健常者も一緒に」

 松崎さんは昨年1月に事故に遭い左足を切断。小学校から社会人まで続けていたサッカーをあきらめきれず、障害があってもできるサッカーを探していた時に出会ったのがこの競技だった。現在は競技者として日本代表を目指しながら、普及にも取り組んでいる。

 松崎さんが講師を務めたのは、同校が独自に設定する「アラカルトスポーツ」という科目の一環。授業では競技の魅力などを映像を交えながら解説し、「切断者だけでなく、片足を上げてしまえば、健常者も同様にプレーすることができる」と話した。認知度の低さにも触れ「若い人にもっと知ってほしい」と呼びかけた。

 授業の後半では、実際に競技を体験。クラッチを使い走ったり横に動いたり、操作に慣れた後は実際にボールをキック。クラッチを軸足代わりにし、振り子のようにしてボールを蹴る、という特徴的な動きに生徒たちは苦戦しながらも、終盤には生徒と教諭で紅白戦を行うなど盛り上がりを見せた。

 松崎さんは「実際にプレーすることで競技の面白さや難しさを体感してもらえたと思う」と話した。

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月19日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

晴れ着姿で旧交温め

新成人のつどい

晴れ着姿で旧交温め 社会

1月17日号

「目標となる人見つけて」

ソフトボール西山麗さん

「目標となる人見つけて」 スポーツ

中学生の強化合宿で講演

1月17日号

認知症と口腔ケア

認知症と口腔ケア 社会

歯科大附属病院で講座

1月17日号

機能強化に検討会設置

追浜駅前ターミナル

機能強化に検討会設置 経済

行政関係や日産・DeNAも参加

1月17日号

ショパンの魅力 演奏と共に

教育会館名曲セミナー

ショパンの魅力 演奏と共に 文化

ピアニストの宮谷さんが解説

1月17日号

「らしくない信用金庫」

「らしくない信用金庫」 経済

湘南の石渡理事長が新年方針

1月17日号

庭園活用し体験イベント

庭園活用し体験イベント 文化

万代会館で25日

1月17日号

車事故リスク軽減の最新対策

横須賀市内トヨタ全店は市ブレーキペダル踏み間違い急加速抑制装置設置補助金対象

https://toyota.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「努力を続ける方法論」

「努力を続ける方法論」

弁護士の山口真由氏が講演

2月17日~2月17日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク