横須賀版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

横須賀市 eスポーツのまち推進 高校の部活動設立後押し

教育

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
無償貸出される機材を前に三浦学苑の生徒と協力企業の関係者
無償貸出される機材を前に三浦学苑の生徒と協力企業の関係者

 コンピューターゲームの腕を競う「eスポーツ」で地域活性化を図ろうと、横須賀市は今月4日、IT企業4社の協力で高性能PCを市内の高校に3年間無償で貸し出す取り組みを開始した。部活動の設立を後押しし競技者を育成するとともに、今後は大会の誘致やイベント開催などを目指す。市によると官民協働で行う学校支援は全国で初めて。

 eスポーツは「エレクトロニック・スポーツ」の略で、パソコンや家庭用ゲーム機で行われる対戦型のゲーム競技。ジャンルは格闘やサッカーな

ど様々で、競技人口は世界で1億人以上といわれている。欧米や韓国を中心に発展し、プロも生まれている。2022年のアジア競技大会で正式種目として採用されているほか、国内では今年開催された茨城国体で、文化プログラムとして初めて行われた。

高性能PCを無償貸出

 市は「Yokosuka e―Sports Project」と称した取り組みをスタート。新たな文化を定着させ、地域活性化や競技者育成を目指す。手始めに、市内の公立・私立高校13校を対象に専用PCを無償で貸し出し、eスポーツ部の設立を後押しする。協力企業は、PC専門販売店のTSUKUMO、半導体大手のインテル、ゲーム用PCメーカーのMSI、通信事業者のNTT東日本の4社。高性能PCや高画質ディスプレイ、ゲーム用チェアなどの周辺機器・機材を最大5セット、無償で3年間貸し出す。また市が窓口となり、教員を対象としたセミナーを開催するなど運用支援も行っていく。

 こうした市の呼びかけに対し、三浦学苑と湘南学院が導入を決定。このほか県立、市立の2校が検討しているという。

 同日には4企業と三浦学苑の生徒らが市長を訪問。上地市長は「子どもたちの健全育成のツールとしても活用し、文化の花を咲かせたい」と意気込んだ。「eスポーツ部」として活動する岡崎富夫さん(2年)は「横須賀からeスポーツの文化が発展していけるよう頑張りたい」と話した。

横須賀版のトップニュース最新6

郷土の歴史楽しく理解

浦賀奉行所開設300年

郷土の歴史楽しく理解 文化

周年イヤー突入祝うイベント

1月17日号

IoTでお得情報発信

衣笠仲通り商店街

IoTでお得情報発信 社会

モニター設置し実証実験

1月17日号

新成人4610人が門出

新成人4610人が門出 社会

中長期で大幅減少

1月10日号

生産者つなぐ交流スペースに

市役所旧地下食堂

生産者つなぐ交流スペースに 経済

市内事業者が加工場新設

1月10日号

「エンタメ」が活力を牽引

新春市長インタビュー

「エンタメ」が活力を牽引 社会

経済の果実を福祉に環流

1月1日号

再オープンは4月下旬

旧ショッパーズ

再オープンは4月下旬 経済

シネコンやブックカフェも

1月1日号

高校教育でじわり浸透

高校教育でじわり浸透 教育

課題研究や実習の題材に

1月1日号

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

12月20日~31日まで毎日営業! 28日~31日は午前8時開店!!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「努力を続ける方法論」

「努力を続ける方法論」

弁護士の山口真由氏が講演

2月17日~2月17日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク