横須賀版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

「横須賀から甲子園へ」 秋山選手が恒例の野球教室

スポーツ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
小学生の前で模範としてバッティングを披露し会場を沸かせた
小学生の前で模範としてバッティングを披露し会場を沸かせた

 大津町出身で、シーズン216安打のプロ野球記録を持つ秋山翔吾選手が先月22日、不入斗公園で小学生向けに野球教室を行った。毎年12月に開いている恒例の教室。西武ライオンズから海外フリーエージェント(FA)権を行使しメジャー挑戦を目指しているさなかとあって、関係者や保護者らのほか取材陣も多く駆け詰めた。

 教室には市内少年野球チーム・ソフトボールクラブに所属する64人が参加。ウオーミングアップメニューやキャッチボールなどをこなしながら、子どもたち一人ひとりに熱心にアドバイス。基礎練習の大切さなどを説いた。昨年も参加したという武山小6年生の鶴田大智君は「憧れの選手と間近で練習できて楽しかった」と話した。

 秋山選手は昨年秋に行われた国際大会「プレミア12」の強化試合で死球を受け右足薬指を骨折。けがの経過が心配されたが、打撃の基礎練習であるトスバッティングでは、模範としてフルスイングを披露。参加者らを沸かせた。

 教室後の取材対応で秋山選手は後進育成を通して「横須賀から甲子園出場を」との思いを話し「野球自体が盛り上がるきっかけになれば」と続けた。

学生時代から注目

 本紙ではプロ入りする以前、高校・大学時代の秋山選手を取材していた。

 大津小・中学校を経て、横浜創学館高校へ。当時、高校3年生の夏の大会前に取材。当時、森田誠一監督に「今年のチームはどうか」と尋ねたところ、まず返ってきたのが「キャプテンの秋山っていうのがいい奴なんだ」と一言。「打撃や守備はもちろんだが、全体を見渡してチームをまとめてくれている」と、技術だけでなく人柄も高く評価していた。

 八戸大学(青森県)時代には、早稲田大学の斎藤佑樹投手らとともに1年生ながら、日米大学野球の代表候補50人に選出されたタイミングで「人物風土記」で紹介。文章の最後には「試合で数字を出すことにこだわり、プロを見据える」とあり、その目標を達成した秋山選手。本人に当時の紙面を見せると「無事プロになれましたね」と話した。

 更なる高みへ―横須賀出身のスーパースターの活躍に今後も目が離せない。

久里浜中央自動車学校

「より安全な行動をとれる運転者」の育成に努めています。

https://www.kuri.co.jp/

株式会社 松尾工務店

おかげさまで創業102年――。横浜市のゼネコン!

http://www.matsuo-komuten.co.jp/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

入口で撃退する

入口で撃退する 社会

電話機購入に市が助成

10月23日号

仮面女子が防犯啓発

仮面女子が防犯啓発 社会

合言葉は「おおだこ(・・・・)」

10月23日号

旧署用地、市が県に取得要望

旧署用地、市が県に取得要望 社会

市道拡幅や駐車場整備想定

10月23日号

戸別訪問で注意喚起

田浦警察署 原 一夫 署長

戸別訪問で注意喚起 社会

10月23日号

コンビニと連携

浦賀警察署 杉本 彰 署長

コンビニと連携 社会

10月23日号

通報でコーヒー1杯

横須賀警察署 阿部 眞二 署長

通報でコーヒー1杯 社会

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

記憶の整理整頓

タウンニュース自分史教室

記憶の整理整頓

10月27日~12月22日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク