横須賀版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

「横須賀から甲子園へ」 秋山選手が恒例の野球教室

スポーツ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
小学生の前で模範としてバッティングを披露し会場を沸かせた
小学生の前で模範としてバッティングを披露し会場を沸かせた

 大津町出身で、シーズン216安打のプロ野球記録を持つ秋山翔吾選手が先月22日、不入斗公園で小学生向けに野球教室を行った。毎年12月に開いている恒例の教室。西武ライオンズから海外フリーエージェント(FA)権を行使しメジャー挑戦を目指しているさなかとあって、関係者や保護者らのほか取材陣も多く駆け詰めた。

 教室には市内少年野球チーム・ソフトボールクラブに所属する64人が参加。ウオーミングアップメニューやキャッチボールなどをこなしながら、子どもたち一人ひとりに熱心にアドバイス。基礎練習の大切さなどを説いた。昨年も参加したという武山小6年生の鶴田大智君は「憧れの選手と間近で練習できて楽しかった」と話した。

 秋山選手は昨年秋に行われた国際大会「プレミア12」の強化試合で死球を受け右足薬指を骨折。けがの経過が心配されたが、打撃の基礎練習であるトスバッティングでは、模範としてフルスイングを披露。参加者らを沸かせた。

 教室後の取材対応で秋山選手は後進育成を通して「横須賀から甲子園出場を」との思いを話し「野球自体が盛り上がるきっかけになれば」と続けた。

学生時代から注目

 本紙ではプロ入りする以前、高校・大学時代の秋山選手を取材していた。

 大津小・中学校を経て、横浜創学館高校へ。当時、高校3年生の夏の大会前に取材。当時、森田誠一監督に「今年のチームはどうか」と尋ねたところ、まず返ってきたのが「キャプテンの秋山っていうのがいい奴なんだ」と一言。「打撃や守備はもちろんだが、全体を見渡してチームをまとめてくれている」と、技術だけでなく人柄も高く評価していた。

 八戸大学(青森県)時代には、早稲田大学の斎藤佑樹投手らとともに1年生ながら、日米大学野球の代表候補50人に選出されたタイミングで「人物風土記」で紹介。文章の最後には「試合で数字を出すことにこだわり、プロを見据える」とあり、その目標を達成した秋山選手。本人に当時の紙面を見せると「無事プロになれましたね」と話した。

 更なる高みへ―横須賀出身のスーパースターの活躍に今後も目が離せない。

横須賀版のローカルニュース最新6

いきいきシニア「元気の源」は

歯科分野で高大の一貫教育

歯科分野で高大の一貫教育 教育

神歯大と緑ヶ丘女子が協定

6月24日号

東京湾を”ギュッと”水槽に

観音崎自然博物館

東京湾を”ギュッと”水槽に 文化

館入口で忠実に再現

6月24日号

全国大会で入賞

横須賀消防・山口さん

全国大会で入賞 社会

職員16万人超から選出

6月24日号

カレー作りで交流

ひとり親支援団体「ひまわり」

カレー作りで交流 社会

6月24日号

不気味な仮面、善良な行い

不気味な仮面、善良な行い 社会

コスプレ姿でクリーン活動

6月24日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook