横須賀版 掲載号:2020年4月24日号 エリアトップへ

中小企業支援策 横須賀市が家賃補助 上限40万円で2カ月分

経済

掲載号:2020年4月24日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀市の上地克明市長は今月20日、新型コロナウイルスの感染症拡大の影響を受け、売り上げが減少している中小企業・個人事業主に対して、最大で40万円の家賃補助を行うと発表した。市が行う経済支援策の一つ。財政調整基金から20億円を取り崩して創設する「新型コロナウイルス感染症緊急対策基金」から充当する。

 対象は、令和2年4月の売上げと令和2年1月または平成31年4月と比較して売上げが20%以上減少した企業。上限を40万円とし、3月と4月分の家賃2分の1を補助する。申請受付を5月初旬から開始し、指定口座に振り込む。申請は郵送を原則としているが、日の出町のヴェルクよこすかに窓口も設ける。

 市の試算では、市内の中小企業1万2千社の内、対象を3800社と想定。予算額として15・4億円を見込んでいる。

 問い合わせは、市経済部経済企画課中小企業振興係【電話】046・822・9523

商議所平松会頭「廃業の引き金」警戒

 同日には、横須賀商工会議所の平松廣司会頭が地元経済界を代表して、上地市長に経済支援を柱とする緊急要望を行った。同商議所では、3月中旬にコロナ禍による企業活動への影響をアンケート調査。会員企業約500社の内、9割の事業所で深刻なダメージを受けていることがわかった。4月8日の国の緊急事態宣言を受け、状況はさらに悪化しているという。

 平松会頭は、新型コロナによる業績悪化で以前から経営不安を抱えていた人たちの廃業の引き金を引くことを強く警戒。地域企業へ支援施策を講じることを求めた。

 具体的には、外出自粛要請、休業要請の影響を直接受ける業種への経済支援、公共工事予算の安定的確保と確実な遂行、国の緊急対策に上乗せした独自支援策の実施、小規模企業のICT整備に係わる補助制度の創設、官民共同の危機管理体制構築の5つ。市の家賃補助はこれに応えた格好。上地市長は「政経一致」で難局を乗り越える意思を表明している。
 

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

新手法で商店街の魅力発信

新手法で商店街の魅力発信 経済

久里浜でオンライン買い物ツアー

11月26日号

団体立ち上げと活用法を学ぶ

団体立ち上げと活用法を学ぶ 社会

行政書士が講座

11月26日号

「夜空も心も明るくなって」

横須賀法人会青年部会

「夜空も心も明るくなって」 社会

児童養護施設で打ち上げ花火

11月26日号

観音崎で戦跡めぐり

観音崎で戦跡めぐり 社会

東京湾要塞研究家が案内

11月26日号

写真展示や作品販売も

写真展示や作品販売も 文化

文化会館で12月11日から

11月26日号

「指編み」でマフラー

小 学 生体験教室

「指編み」でマフラー 文化

11月26日号

横須賀市三春町4-1-10

「スカエネ」で太陽光発電を0円で設置

https://sanei-e.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook