横須賀版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

特別定額給付金 「郵送でも申請できます」 5月末頃に書類発送予定

社会

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

 国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」の申請受付が、横須賀市では5月7日からオンライン上で開始となった。これに伴い、申請に必要となるマイナンバーカードに関する問い合わせが急増。当初は窓口が混み合う事態も起きたが、現在は比較的落ち着きを取り戻しているという。市では郵送による手続きも呼びかけている。

 市窓口サービス課によると、マイナンバーカードに関する問い合わせは年度始まりとなるこの時期は比較的多くなるという。しかし今年は今月1日から特別定額給付金の電子申請が開始したことに伴い急増。特に連休明けの7日からは顕著で、例年同時期で1日に150件程度の問い合わせが、多い日で245件を記録した日もあった。以降、1日あたり200件台で推移している。

 問い合わせの8割は特別定額給付金に関するもの。具体的にはマイナンバーカードの新規申し込みをはじめ、保持者からは電子証明に必要となる暗証番号を忘れたことによる初期化の依頼などが主となる。全国的に問い合わせが殺到したことから国のサーバーにアクセスが集中。市職員の作業時間が通常以上にかかり、対応待ちに2時間半から3時間ほど要した。

 担当者は「新規カード作成には今から1カ月半から2カ月ほどかかってしまう。(定額給付金の)申請にはカードが必ず必要というわけではなく、郵送も可能」と話している。

 給付金の担当課では現在、申請書の郵送手配を進めている。5月末頃に市内全世帯に向け発送する予定だ。担当者は「これからオンラインで申請しても郵送より早く給付金を受け取れるとは限らない」と説明している。

 市ではコールセンターを5月7日に開設し、電話での相談に応じている。「申請に関することのほか、家庭内暴力(DV)や虐待の被害者が避難先で給付金を受け取る方法など不明点があれば来庁せず、まずはコールセンターに電話を」と呼び掛けている。

 問い合わせは【電話】0570・550559(毎日午前8時30分から午後5時)

横須賀版のトップニュース最新6

市民2千人に抗体検査

横須賀市

市民2千人に抗体検査 社会

新型コロナ感染傾向を把握

7月3日号

市との一体運用求める

千代ヶ崎砲台跡

市との一体運用求める 社会

戦跡所有の民間事業者

7月3日号

「造船のまち」 記録と記憶

浦賀

「造船のまち」 記録と記憶 社会

8ミリフィルム活用、映画制作

6月26日号

給食休止期間に弁当提供

給食休止期間に弁当提供 社会

夏休みに向け寄付活動

6月26日号

無人運航船の実証実験

無人運航船の実証実験 経済

猿島航路で2022年3月までに

6月19日号

観光活性に重点予算

横須賀市

観光活性に重点予算 経済

「ソレイユの丘」リニューアルも

6月19日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク