横須賀版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

気軽に相談「妊活LINE」 県内初、登録は来月末まで

社会

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
スタンプを交えてアドバイスも
スタンプを交えてアドバイスも

 横須賀市は今年度の新規モデル事業として、5月から「妊活LINEサポート事業」を実施している。県内初の取り組みで無料通信アプリ「LINE」を使い、妊活の進め方や妊活中のからだやこころの悩み、仕事との両立などに関する相談ができる。市では妊活コンシェルジュサービスを展開する株式会社ファミワンに業務を委託、実際に医療現場でケアを行う専門家が相談を担当する。

 すでにサービスを利用している市民からは「不妊治療について相談したり行動するのは難しいが、良いきっかけになった」「妻と話し合い登録した。夫婦でオープンに不妊治療に取り組むことができてよかった」などの感想も上がっている。10月31日までの新規登録で来年3月末まで相談が無料で利用できる。登録はLINEの検索IDで「@famione」と入力。

 市では、「社会背景や時代にあわせた妊活」と題した講演会を10月13日(火)に開催。講師に看護師や臨床心理士を招き、コロナ時代における妊娠について話す。会場は市産業交流プラザ3階第1研修室、午後6時30分から8時、オンライン参加も可。詳細は市不妊・不育専門相談センター【電話】046・822・9818

横須賀版のローカルニュース最新6

舞台裏を探検

舞台裏を探検 文化

芸術劇場で見学ツアー

4月16日号

暖かさに誘われお目見え

太田和つつじの丘

暖かさに誘われお目見え 文化

開花予想は今月末まで

4月16日号

元盗塁王、今は花に夢中

元盗塁王、今は花に夢中 社会

ラベンダーを衣笠ゴルフに

4月16日号

映像と音楽の融合

映像と音楽の融合 文化

清春さんが映画館でトーク

4月16日号

新ビジネスプラン募集中

新ビジネスプラン募集中 社会

独創的なアイデアに市が助成

4月16日号

「ゲーム依存症」どう防ぐ?

特別対談

「ゲーム依存症」どう防ぐ? 社会

保護者のチェック、ルールづくりが肝要

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter