横須賀版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

「かかりつけ医に連絡を」 市救急医療センター長が解説

社会

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
綿棒を手に検査方法を説明する高宮氏
綿棒を手に検査方法を説明する高宮氏

 地域福祉をテーマに活動する「よこすか人社プロジェクト」主催のイベントが今月10日、鶴が丘の交流拠点「しろいにじの家」で開かれ、横須賀市救急医療センター長の高宮光医師が講演した。「コロナインフルのWパンチ‼」と題し、収束の目途が立たない新型コロナウイルスと毎冬流行するインフルエンザについて解説。オンラインアプリ「Zoom」を使って、約30人が視聴した。

高齢者は要注意

 「まずは敵を知らなくては」と高宮氏は冒頭、新型コロナについて説明。「大きさは1mmの1万分の1ほどで非常に小さく、飛沫または接触感染。特に肥満や喫煙、糖尿病の人は重症化しやすい」と注意を促した。

 そのうえで「インフルは潜伏期間1〜2日、致死率0・1%、コロナは4〜14日も潜伏し、20倍にあたる2%の人が死に至り、1910年代に流行したスペイン風邪と同率。感染力が最も高いのは発症前の0・7日でこれが感染拡大の理由」と説いた。また「今月9日時点での市内コロナ患者数291人中12人が死亡、そのうち70代以上が11人で50代が1人。患者数290人の藤沢市での死亡者も80代が1人。持病のある高齢者は特に注意が必要」と警告した。

 さらに新型コロナ感染対策としてマスクは鼻、頬の隙間、顎まで覆うものを選ぶことなどをアドバイス。「マスク外側のウイルス生存期間は1週間もあるので、もし自身や家族が感染した際は、ビニール袋に入れて捨てる」といった対策を講じる必要性を述べた。

 最後には、新型コロナの国内感染者数8万5千人に対し、インフルエンザの方が例年1千万人と圧倒的に多いことにも触れ、「まずはインフルのワクチンを接種し、”3密”を避け、発熱やだるさ、味覚・嗅覚障害などの症状が出たら、すぐにかかりつけ医に連絡してほしい」と呼び掛けた。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

希望者募り抗体検査

新型コロナウイルス感染症

希望者募り抗体検査 社会

費用は公費で負担

10月30日号

万代会館で秋の自然体験

万代会館で秋の自然体験 文化

来月1日にテラコヤイベント

10月30日号

おりょう住居跡に案内板

おりょう住居跡に案内板 文化

湘南海援隊の呼びかけで

10月30日号

災害時の相互協力で協定

災害時の相互協力で協定 社会

眞仁会と横須賀エフエム

10月30日号

買い物客にエコバッグ

追浜大通り3丁目商店会

買い物客にエコバッグ 経済

抽選セールで進呈

10月30日号

エコバッグ作ります

エコバッグ作ります 経済

販促グッズや記念品に

10月30日号

久里浜中央自動車学校

「より安全な行動をとれる運転者」の育成に努めています。

https://www.kuri.co.jp/

株式会社 松尾工務店

おかげさまで創業102年――。横浜市のゼネコン!

http://www.matsuo-komuten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク