横須賀版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

全国高校野球 神奈川大会 横須賀勢、決勝戦で大健闘

スポーツ

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena

 第103回全国高校野球選手権神奈川大会の決勝戦が先月28日、サーティーフォー保土ケ谷球場で行われ、横浜高校が17-3で横浜創学館高校を破り、県内176チームの頂点に立った。両校とも校舎は金沢区にあり、その中には横須賀出身の選手も在籍。横浜では宮田知弥さん(3年・追浜中)、創学館では山岸翠さん(3年・浦賀中)、井上洸太さん(3年・池上中)、遠藤稔平さん(2年・大矢部中)がキラリと輝くプレーを見せた。

横浜”攻守の要”チーム牽引

 「決勝戦を特別な日にしない」。村田浩明監督の言葉通り、リラックスした雰囲気で入場した選手たち。猛打好投の圧倒的な強さで、3年ぶり19度目の優勝を手にした。

 サードでクリーンナップの一角を務めた宮田さんは”攻守の要”としてチームを牽引。準決勝の藤沢翔陵戦では先発投手として、スライダーを駆使した安定のピッチングで相手を翻弄した。

 決勝戦では守備で活躍。早い打球でも落ち着いて対応し、フェンスを恐れずにファウルゾーンへ飛び込んで行く姿に、場内から拍手が沸いた。

 打撃も光った。1打席目から冷静な選球眼で四球出塁。その後も左中間に抜けるヒット、ライトへ2塁打、最後は犠牲フライで役目を全うした。

 幼い頃から兄・凌兵さんと少年野球チーム・夏島ヤングスターズで汗を流した宮田さん。当時コーチとして指導した山本泰さんは「安心して見ていられるプレーだった。優勝は貪欲に努力した結果。甲子園では思う存分、力を発揮してほしい」とエールを送った。

創学館果敢に挑んだバッテリー

 13年ぶり2度目の決勝の舞台には強風が吹いていた。ピッチャーマウンドに立ったのはプロスカウトも注目する最速149Kmの山岸さん。勝負の行方は右腕に託された。

 ただ準決勝まで5試合500球以上を投げた肩は限界に達していた。低めに沈み込むシンカーは見極められ、球威を欠いた直球はことごとく弾き返された。4回には投球数が100球を超え、ワイルドピッチ。11失点を許す結果となった。

 投手は5回から遠藤さんに交代。中学生クラブチーム・横須賀ボーイズ時代から1歳上の山岸さんの背中を追いかけてきた。しかし、いきなり四球でピンチを招き、得意の変化球も横浜のコンパクトな振りに敵わなかった。打撃では三遊間へヒットを放ったが、ホップする伸びのある高めの直球に切って取られ、打線は繋がらなかった。

 それでも捕手の井上さんは諦めなかった。試合中、苦悶する両投手に何度も笑顔で駆け寄り「楽しもう」と鼓舞。その一挙手一投足に魂を込めたが、最後はライトフライで終止符が打たれた。

 その様子を固唾を呑んで見守った横須賀ボーイズ(当時)コーチの飯塚龍夫さんは「強豪にも臆せず、力投する姿に誇りを感じた。悔しい負けを喫したが、これを今後の野球人生の糧にしてほしい」と2人を励ました。

 山岸さんは試合後「疲労は言い訳にならない。井上とはバッテリーとしてずっと練習してきた仲間。ただただ感謝したい」と短い夏を終えた。

バッター宮田さんとキャッチャー井上さんの横須賀対決
バッター宮田さんとキャッチャー井上さんの横須賀対決
サイドスローで球種を投げ分け、完全燃焼の山岸さん
サイドスローで球種を投げ分け、完全燃焼の山岸さん

横須賀版のローカルニュース最新6

絵本専門店で墨絵展

俳優・石丸さん

絵本専門店で墨絵展 文化

「野筆」使い山岳風景など

1月14日号

御朱印文化 デジタル技術で

芦名浄楽寺

御朱印文化 デジタル技術で 文化

NFT活用 三浦半島初

1月14日号

一糸乱れぬ勇壮なパレード

一糸乱れぬ勇壮なパレード 文化

出初式に代わり初の試み

1月14日号

“愛で鯛”企画展

観音崎自然博物館

“愛で鯛”企画展 教育

はく製や研究物などズラリ

1月14日号

混ざり合う音楽とアート

森鴎外舞姫の世界

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook