横須賀版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

いきいきシニア「元気の源」は

コミュニティ文化

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena
二等辺三角形の特徴的なフォルムの楽器を手に
二等辺三角形の特徴的なフォルムの楽器を手に

 馬の毛の弓で弾き、ヴァイオリンに近い硬く澄んだ音色―。ギリシャの古楽器「プサルタ」を手作りし、演奏活動しているグループがある。平均年齢77歳の「エーデルワイス」。2007年から活動を始め、現在は6人のメンバーで練習を重ねている。

古楽器「プサルタ」優しい音色届ける

 発足のきっかけは、2006年12月、市内の小学校を会場に開かれたプサルタのコンサート。そこで演奏していたのが、津久井在住の森英三郎さん、芳恵さん夫妻。その音色の表現に感激した市橋美代子さん(池上在住)が、森さんに「教えてほしい」と志願したのが始まりだ。

 森さんは20数年前、ボランティアで県のライトセンター(視覚障がい者支援施設)に関わっていた中で、全盲の人から「手作り楽器クラブ」に誘われた。そこで出合ったのがプサルタだった。あまり市販されておらず、「作って弾く」ことで受け継がれてきたもの。もともと、DIYなどものづくりが得意だったこともあり、”見知らぬ楽器”の自作にのめり込んだ。土台となる木材やピアノ線などを調達、線を止めるピンはチェンバロのものを使っている。「自分が手掛けた楽器を鳴らすのは、作るのとまた違った喜びがあった」と振り返る。

 一方、市橋さんはお話し会(読み聞かせ)ボランティア「けやきの会」のメンバー。初めて聞いた感動をそのままに、その仲間に声をかけ、森さんを”先生”に招いて、北下浦コミセンの工作室などを使って「楽器作り」が始まった。特に制作キットが販売されている訳ではなく、切り出してもらったパーツを組み立て、慣れない道具に苦戦しながら、半年〜1年かけてようやく完成した。それぞれ、サウンドホールの内側に好きな絵を入れたりストラップを付けたり。楽器を収納するケースも森さんの手ほどきで自作した。

 その後、森さん夫妻と共に演奏の練習を始めて、最初に弾いた曲が「エーデルワイス」。これをグループ名にした。童謡や唱歌などをレパートリーに児童図書館や高齢者施設などで演奏するようになった。2018年には、発足10年のコンサートを開いた。もちろん、プログラムの1番はこの曲。心にやさしく響き、郷愁を招く音色は、どの会場でも好評だ。

自分で奏でる楽しさ

 昨年来、コロナ禍もあり発表の場がなくなってしまった。メンバーが集まれない期間もあったが、運指や弓の位置を忘れないよう、それぞれ自宅で練習を重ねている。最近では月1回、近況報告をしながら2時間の合奏を楽しむ。

 「お正月など、家族が集まっているときに披露している」と嬉しそうに話す岡田和子さん(光風台在住)。大坂和子さん(鴨居在住)は「できる限り続けたい。音楽は必要なもの。自分で奏でることが、張り合い」と、いきいきとした表情だ。「この音色の優しさに自分も癒されている。合奏は貴重な時間だから、良い演奏ができるよう練習している。機会があれば、多くの人に聞いてほしい」と活動のきっかけを作った市橋さん。「世界に1台の宝物」を手に笑顔を見せた。

手元正面に抱えるようにして演奏=写真左、楽器サイズに合わせてケースも自作=同右
手元正面に抱えるようにして演奏=写真左、楽器サイズに合わせてケースも自作=同右

横須賀版のローカルニュース最新6

経済を知り一手打つ

経済を知り一手打つ 経済

横須賀商議所の「平松塾」

5月20日号

理解できないを味わう

映画『夜を走る』

理解できないを味わう 文化

佐向監督が舞台あいさつ

5月20日号

検定試験を市が助成

検定試験を市が助成 教育

中学生の漢検・数検・英検

5月20日号

好きなことで自由に遊ぶ

好きなことで自由に遊ぶ 教育

不登校親子のよりどころ

5月20日号

土器で作るフラワーポット

土器で作るフラワーポット 文化

田浦の穴窯で焼成

5月20日号

長坂の田んぼ田植え体験会

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook