三浦版 掲載号:2012年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

「三浦の夕陽を観る会」の会長を務める 鈴木 教夫さん 初声町在住 79歳

こだわりが生む一枚

 ○…撮影ポイントを見つけてもすぐシャッターを切るのではなく、構図を頭の中に描き、最大限に生かす絵を考える。時には、数時間待つことも。綺麗なものを写すだけではない。風景写真ひとつにしても、時には道路沿いに立ち並ぶ電柱をあえて入れることで、立体感を演出する。作品には必ず「プラスα」が存在する。平坦な写真は撮らないこだわりを持つ。

 ○…写真を趣味にして約50年。学生時代にカメラ店でアルバイトをしたのがきっかけ。当時は白黒写真。専用の薬液に浸すと浮き出てくる画像に興味を持った。サラリーマンをやりながら趣味として写真を撮り続けてきた。40年前、富士山に魅せられ、一番美しく見える三浦市内に家を構えた。趣味だけではなく、写真を通して三浦の良い所を見つけ、悪いところを直すという「三浦のステキな景観探しワークショップ」に参加し活動したことも。活動の幅を広げてきた。

 ○…「市内から見る夕日の美しさに感動した」。この感動が、同会を立ち上げるきっかけとなった。仲間はすぐに集まった。「純粋に写真が好きな人の集まり。皆、和気あいあいとしている」と笑う。11月11日に第5回撮影会を実施する。「三戸海岸付近の夕日を撮影する予定。良い絵が撮れると思う」と期待する。

 ○…今は、富士山と夕日のコラボレーションにこだわる。富士山頂に太陽が重なるダイヤモンド富士。氏はこれをゴールデン富士と呼ぶ。「ダイヤモンドのようになるのは寒い時期限定。しかも朝日が条件。三浦半島からは富士山頂に太陽が掛かるのは夕方。しかも4月と8月限定なので、海面から出る水蒸気でダイヤにならない。代わりに黄金に輝くから」。作品も多い。だが、毎回撮れるとは限らない。気象条件で左右される。「自然のことなので、ダメな時もある。これも写真の楽しみ。撮れた時の喜びは大きい」と満面の笑顔を見せた。
 

三浦版の人物風土記最新6件

高根沢 奈津子さん

小網代に開所した三浦市社協「暖館」の館長を務める

高根沢 奈津子さん

4月6日号

青木 康平さん

作曲・編曲家で、AKB48の新曲「Position」を手掛けた

青木 康平さん

3月23日号

相原 宏介さん

(株)西松の専務取締役として、独自の手法でまぐろの魅力を発信する

相原 宏介さん

3月9日号

出口 景介さん

街中アートイベント「下町ワンダートリップ」の実行委員長を務める

出口 景介さん

2月23日号

里見 柚己さん

2月12日開催の格闘技イベント「Krush.85」に出場するプロキックボクサーの

里見 柚己さん

2月9日号

茨田 光子さん

洋裁ボランティアサークル「三浦ソーイングオハナ」の代表を務める

茨田 光子さん

1月26日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク