三浦版 掲載号:2012年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

厚生労働大臣感謝状が贈られた三浦市ボランティア連絡協議会の会長 高梨 テイさん 南下浦町在住 

「ありがとう」に支えられて

 ○…無償の活動の中に生まれるのは感謝の気持ち。「相手の笑顔と『ありがとう』が活動の支えになっている」ときっぱり。人と人が触れ合い、助け合うことで生まれるお互い様という気持ちが根本にある。「人のためにできることがあるということに感謝しなければね」とやさしく微笑む。

 ○…1991年、各々で活動していたボランティア団体と横の繋がりを築くため、同協議会は誕生した。今年で20周年を迎え、厚生労働大臣感謝状が贈られた。「設立から20年。皆に支えられてきた。今までの活動があったからこそ頂いたものだと思う」と仲間への感謝の気持ちを忘れない。加盟は16団体。05年から会長に。「今の私は会長という肩書きを持っているが、他の人と同じ思いで活動している。これからも変わらない」。

 ○…初めてボランティア活動をしたのは約30年前、近所に住む主婦仲間から誘いを受けたのがきっかけ。集まった8人で高齢者宅の世話をしたという。「最初は無我夢中だった。相手の喜ぶ顔を見てやりがいを感じた」と振り返る。当時の思いが、原動力となり、これまでの活動を支えてきている。

 ○…生まれも育ちも三浦市。夫婦2人暮らし。料理が得意。なかでも魚料理や煮物が得意。手持ちのスケジュール表は、ほとんど毎日埋まっている。「活動と家庭。忙しいが、充実している」とさらり。

 ○…社会構造の変化によって求められるものも変わってきている今、活動のあり方も多様化しているという。「私たちは、時代とともに変化していくニーズに応えていかなければいけない」。今後を見据え、今年9月には、公民協働の福祉の輪を作り新たな活動につなげようと各ボランティアが集まり意見交換をおこなった。三浦市内だけでなく、横須賀や逗子で活動するボランティア団体などの交流も欠かさない。「活動に終わりはない」と前を見る。
 

三浦版の人物風土記最新6件

高根沢 奈津子さん

小網代に開所した三浦市社協「暖館」の館長を務める

高根沢 奈津子さん

4月6日号

青木 康平さん

作曲・編曲家で、AKB48の新曲「Position」を手掛けた

青木 康平さん

3月23日号

相原 宏介さん

(株)西松の専務取締役として、独自の手法でまぐろの魅力を発信する

相原 宏介さん

3月9日号

出口 景介さん

街中アートイベント「下町ワンダートリップ」の実行委員長を務める

出口 景介さん

2月23日号

里見 柚己さん

2月12日開催の格闘技イベント「Krush.85」に出場するプロキックボクサーの

里見 柚己さん

2月9日号

茨田 光子さん

洋裁ボランティアサークル「三浦ソーイングオハナ」の代表を務める

茨田 光子さん

1月26日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク