三浦版 掲載号:2013年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

三浦市ボランティア連絡協議会の会長に就任した 大井 ヨシノさん 晴海町在住 

行動力と決断力を生かす

 ○…三浦市ボランティア連絡協議会第1回定例会が6日、三浦市総合福祉センターで開かれ、年間の事業内容を発表した。「緊張した。これから新たなボラ協がスタートする。歴代の会長が培ってきた歴史に恥じないよう、取り組んでいく」-。自分に言い聞かせるように語った。会長就任後、初めての定例会。新たな体制が動き出した。

 ○…同協議会は1991年、各々で活動していたボランティア団体と横の繋がりを築くため誕生した。昨年は20周年を迎え厚生労働大臣感謝状がボラ協に贈られている。加盟は16団体。会長就任に際し、掲げたキャッチは「明るく、楽しく、無理をせず」。ボランティアは無報酬の活動。ボランティア従事者はなかなか増えない。「気軽に参加してもらえる環境を整えなくては」と改革を決意。「研修など多く設けてきたが、ボランティアをやる人の負担も大きい。1回の研修内容を密にし、回数を減らすことで負担を軽くする」と、環境改善に向けた取り組みをスタートさせた。

 ○…11月に行われる市民祭りでは、ボラ協でポロシャツを作成、売上金の一部を東日本大震災の被災地に寄付金をおくる。ボラ協の情報発信もさらに力を入れる。「加盟団体がどのような活動を行っているか、今まで以上に市民に広くアピール必要がある」と、積極性を全面に出す。

 ○…結婚後、横須賀から三浦へ。手話サークル「ともしび」に所属。その他、踊りとパッチワークも。ボラ協の会長という重責に加え、3つの活動をこなす。「全て中途半端にはしない」と言い切る。ボランティア活動の魅力は「出会い」と即答。活動を通じて様々な出会いがあった。喜怒哀楽を共有、コミュニケーションを図ることで信頼関係が深まっていくのが喜び。「これからも活動を通じて多くの出会いを楽しみたい」と話す。フレキシブルに動ける体制づくりを掲げ取り組んでいく。

三浦版の人物風土記最新6件

石橋 匡光さん

県水産技術センターと“キャベツウニ”の養殖研究を行う

石橋 匡光さん

7月20日号

亀山 千夏さん

上宮田小学校の図書ボランティアグループ「ひまわり」の代表を務める

亀山 千夏さん

7月6日号

北村 亜依子さん

青年海外協力隊としてエクアドル共和国で観光産業振興に携わる

北村 亜依子さん

6月22日号

下里 芽依さん

6月15日から群馬県で行われる南関東高校総体陸上競技大会に出場する

下里 芽依さん

6月8日号

鈴木 邦久さん

海南神社青年会の会長を務める

鈴木 邦久さん

5月25日号

篠田 文隆さん

三浦商工会議所青年部の新会長に就任した

篠田 文隆さん

5月11日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク