三浦版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

海南神社青年会の会長を務める 勝俣 弘文さん 三崎町在住 42歳

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena

伝統と文化を後世に

 ○…三崎の海南神社を支える若手の集まり「海南神社青年会」。各種祭りの準備や境内周辺の清掃他を行っている。「神社のために何かしたいという気持ちを抱いて活動している。昔も今も変わらない」。入会23年目。入会当初からの思いにぶれはない。今年、41代目の会長に就いた。「神社を盛り立て、伝統と文化を守るために若い力を結集して尽力する」と言葉に力を込める。

 ○…木遣とともに練り歩く三崎の祭り。木遣は、掛け声が歌に変化したものと言われている。「子どもの頃から見てきたこともありあたりまえの感覚だった。しかし、大人になるにつれ意味や伝統、文化を理解するようになると捉え方は変わった」と祭りが持つ意味の重さを実感。「伝え残すことの大切さが分かった」と心に刻む。同青年会は毎年6月に開催される八雲祭(お天王様)を主催する。神輿渡御が下町地区で挙行され、熱気と気迫が街中に宿る。入会以来、一度も神輿は担いでいない。表舞台には出ず、事務的な手続きなど裏方に徹した。「担ぐだけが祭りではない。祭りが事故なく進行し、担ぎ手や見守る人々が満足してもらえるのがなにより」

 ○…「三崎には若者が少ない」とぼそり。青年会も人がいてこその会。一人でも多くの若者の力は必要。「三崎の伝統文化を多くの人に知ってもらうことは私の役割と考えている」と話す。スポークスマンとしての活動にも力を入れていくという。

 ○…子どものころから続けているのは野球。物心ついた時から野球で遊んでいたとか。高校の時はキャッチャーを務めた。前面には出ないがチームの要。「自分にはあっていた」。支えるという立場は大人になっても変わらない。「まずは行動」。役割は変わっても、決しておごらず自分を見失わない。後輩や先輩から慕われる存在。今年、新たなステージでの活躍に周囲からの期待は大きい。
 

三浦版の人物風土記最新6

上野 憲一さん

油彩画家で、個展「回り、重ねる。」を開く

上野 憲一さん

小網代在住 73歳

10月22日号

浅倉 健人さん

三崎警察署員で、「わんわんパトロール隊」の1人として活動する

浅倉 健人さん

原町在住 61歳

10月8日号

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook