三浦版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

海南神社青年会の会長を務める 勝俣 弘文さん 三崎町在住 42歳

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena

伝統と文化を後世に

 ○…三崎の海南神社を支える若手の集まり「海南神社青年会」。各種祭りの準備や境内周辺の清掃他を行っている。「神社のために何かしたいという気持ちを抱いて活動している。昔も今も変わらない」。入会23年目。入会当初からの思いにぶれはない。今年、41代目の会長に就いた。「神社を盛り立て、伝統と文化を守るために若い力を結集して尽力する」と言葉に力を込める。

 ○…木遣とともに練り歩く三崎の祭り。木遣は、掛け声が歌に変化したものと言われている。「子どもの頃から見てきたこともありあたりまえの感覚だった。しかし、大人になるにつれ意味や伝統、文化を理解するようになると捉え方は変わった」と祭りが持つ意味の重さを実感。「伝え残すことの大切さが分かった」と心に刻む。同青年会は毎年6月に開催される八雲祭(お天王様)を主催する。神輿渡御が下町地区で挙行され、熱気と気迫が街中に宿る。入会以来、一度も神輿は担いでいない。表舞台には出ず、事務的な手続きなど裏方に徹した。「担ぐだけが祭りではない。祭りが事故なく進行し、担ぎ手や見守る人々が満足してもらえるのがなにより」

 ○…「三崎には若者が少ない」とぼそり。青年会も人がいてこその会。一人でも多くの若者の力は必要。「三崎の伝統文化を多くの人に知ってもらうことは私の役割と考えている」と話す。スポークスマンとしての活動にも力を入れていくという。

 ○…子どものころから続けているのは野球。物心ついた時から野球で遊んでいたとか。高校の時はキャッチャーを務めた。前面には出ないがチームの要。「自分にはあっていた」。支えるという立場は大人になっても変わらない。「まずは行動」。役割は変わっても、決しておごらず自分を見失わない。後輩や先輩から慕われる存在。今年、新たなステージでの活躍に周囲からの期待は大きい。
 

三浦版の人物風土記最新6

倉重 光則さん

現代美術家で、横須賀美術館の企画展「ミニマリズムのゆくえ」に出品する

倉重 光則さん

74歳

11月20日号

西上床(にしうわとこ) 克浩さん

ロカビリーバンド「THE GARAGEBAND(ザ・ガレージバンド)」のリーダーを務める

西上床(にしうわとこ) 克浩さん

上宮田在住 52歳

11月6日号

小泉 隆さん

軟式野球チーム「ウォリアーズ」の監督を務める

小泉 隆さん

岬陽町在住 57歳

10月23日号

三根 かよこさん

三浦・三崎観光情報サイト「gooone」の編集長を務める

三根 かよこさん

向ヶ崎町在住 34歳

10月9日号

野村 工(たくみ)さん

障害者支援施設が運営する「餃子いちばん」などの施設長を務める

野村 工(たくみ)さん

横須賀市在住 40歳

9月25日号

藤田 貴世美さん

横須賀パッチワーク・キルト協会の理事長を務める

藤田 貴世美さん

尾上町在住 72歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク