三浦版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

三浦の散歩道 〈第77回〉 みうら観光ボランティアガイド協会

社会

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena
県道沿いのくちめき地蔵尊
県道沿いのくちめき地蔵尊

 前回に訪れた三崎警察署下の「六十六部巡拝祠」から引橋方面に県道を3百メートル程行ったところに、「くちめき地蔵尊」を祀る祠があります。道の反対側に大きなマンションがあり、その前の道辺に水仙の花が咲き、よい香をもたらしています。

 その路傍に「くちめき地蔵」は祀られています。三浦市観光協会が発行している『三浦の伝説と民話』の中に「くちめき地蔵尊」とあり、次のように記されています。

 『北条早雲は小田原の大森氏を倒して城主となり、転じて矛(ほこ)先を三浦氏に向けた。そして、間者(かんじゃ)を三浦に放った。ある日、間者の一人が、百姓姿で引橋に近い6万本(ろくまんぼ)の坂道で、老夫婦が出している茶店にあらわれた。百姓は話上手だった。

 人のよい老夫婦は、自慢気に新井城の千駄矢倉の糧秣(りょうまつ)(兵糧と馬のかいば)のことや、油壺の水軍の配備、城ケ島の防備、はては三崎城の堀の配置までしゃべってしまった。後日その百姓が捕えられ、敵の間者と知れたとき老夫婦はひどく驚いたが、後の祭りだった。老夫婦は城主に申し訳ないと心中してしまった。里人は、老夫婦を憐れんで、茶店の跡に地蔵尊をまつって霊を慰めた。地蔵尊には見ざる、聞かざる、語らざるの三猿が彫まれている。お喋りを戒めたのである。地蔵尊は「くちめき地蔵」と呼ばれている。くちめきは百日ぜきのことで、なぜ百日ぜきに御利益をもたらすのか詳(つまび)らかではないが今でも子ども連れの参詣人が絶えない。さみしかったこの道も今は広い県道となり、6万本の谷間も埋め立てられ、地蔵堂は輻そうする自動車のほこりにまみれている』と、以上のように書かれています。

 筆子の記憶では、以前、マンション側に「地蔵尊」は祀られていたのではと思うのですが…。現在の祠はコンクリート製で、手前の花台に「卍」の印が彫られ、奥の右側に一体の地蔵尊と剣頭型を思わせる石塔に、各2体ずつ、地蔵尊と思われる尊像が3基祀られています。6体の地蔵尊となれば「六道地蔵尊」とも考えられます。

 祠の右端に「奉寄進」と刻され、「昭和10年1月吉日、福井貞吉」と記されています。さらに右側の外に石塔が1基あり、そこには「犠牲大供養塔」とあり、「大正十四年六月二十七日」と日付が彫られています。何の「犠牲」かは不明ですが、日付けからみると、大正12年の「関東大震災」を指すのかなとも思ったりします。

 いずれにしても、多くの人々が通る路傍に建てられている仏像に手を合わせ、日々の無事を願う殊勝な心掛けも大切かなと心に言い聞かせて「くちめき地蔵尊」に別れを告げました。
 

三浦版のコラム最新6

第24回 海岸型の「マルバアキグミ」

三浦半島 草花歳時記

第24回 海岸型の「マルバアキグミ」

文・写真 金子昇

10月8日号

思い出や学び、忘れないで

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

思い出や学び、忘れないで

中井武さん(マリンパーク館長)

9月24日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

9月24日号

世界一の素敵親子をめざして

連載31

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

9月24日号

ともに歩んだ53年に感謝

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

ともに歩んだ53年に感謝

三上成次さん(マリンパークスタッフ)

9月10日号

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

三浦半島 草花歳時記

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

文・写真 金子昇

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook