三浦版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

三浦の散歩道 正月特別編 みうら観光ボランティアガイド協会

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 年の暮の十三日とか二十日、または二十八日にカドマツオロシ・マツムカヘ・オマツサマムカヘ・ハナムカヘなどと言って山から松を伐(き)ってくる習俗が地方にあります。北関東の地では「正月様ムカヘ」と呼んでいるようです。正月になって祭る神様のことは年神様とか、歳徳神とも申していますが、「正月様」と呼ぶ地方が多いようです。

 新年の初めは一月とか睦月と暦ではなっています。「ムツキ」の呼称は、もとは「毛登都月(もとつき)」で、「もと」の約は「牟(む)」で、「ムツキ」になり、生む月で、春陽発生の初めなのだそうです。

 では「正月」の意は何でしょうか。『廣文庫』(物集高見著)に『年中行事秘抄』をあげて次のようにあります。漢文体で「正月ハ、立春ノ気節ナリ、本(もと)ハ政月トナシ、秦ノ始皇コノ月ヲモッテ生ル、ヨッテ政ト名シ、遂(つい)ニ正月ト改メナス」とあり、「政」(まつりごと)から「正」に変(へん)じたようです。他に「年ノ初月ヲ正月ト云フ、先ヅ初月ヲ正月トスル事ハ震旦(しんたん)ノ法也(なり)」とあります。「震旦」とはインドから呼んだ中国の古称です。では、我が国ではどのように称したのでしょう。『聖徳太子伝略備講』に、「一月ト云(い)ハズシテ正月ト名ヅクル者(もの)ハ、歳ノ首月ナリ、其ノ端正ナルニ取リテ云フ」とあって、『史記』を引用して、正月は霜が多く、心が憂い傷(いた)むので「純陽」(あたたかく、おだやか)でなければならないとして、「正陽の月」と称したとあります。

 正月についての別称は、「正月ハ之ヲ端月ト云フ」の他、「孟陽、上春、開春、発春、献春、首歳、献歳、発歳、初歳、肇歳、方歳、華歳など種々の言い方があるのには驚きです。「一月」の言い方も古くからあるようです。和漢ともに人君即位の年をさして元年と定め、年々月のはじめを正月と言うことなのです。

 我が国では神様を祭るときには木を立てて、そこへお迎えするというのが昔からの習慣です。祭りの日にはお宮の前や里の入口に高いのぼりを立てます。そこに榊や白紙の紙垂(しで)をつけます。「御幣(ごへい)」のことを古い言葉で、「みてぐら」と言い、「御手」と「神の座」のことで、祭る人の手で御案内することのできる神座というのでしょう。

 「門松」を立てることは正月に祭る神様を迎えるためのもので、神聖な神祭りの場所であることを示す目じるしでもあるのです。

■■■

 鎌倉右大臣実朝の『金槐和歌集』に載る「正月一日によめる」歌を記して、読者の皆様方が、よいお正月を迎え、この一年が何事もなく、よい年でありますことを祈念申し上げます。

 「今朝(けさ)みれば山も霞(かす)みて久方(ひさかた)の天(あま)の原より春は来にけり」
 

三浦版のコラム最新6

第20回 花色が変わる「ハコネウツギ」

三浦半島 草花歳時記

第20回 花色が変わる「ハコネウツギ」

文・写真 金子昇

6月11日号

世界一の素敵親子をめざして

連載27

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

5月28日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

5月28日号

第19回 「ハマダイコン」の根は小根

三浦半島 草花歳時記

第19回 「ハマダイコン」の根は小根

文・写真 金子昇

5月14日号

世界一の素敵親子をめざして

連載27

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

4月30日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter