三浦版 掲載号:2016年1月29日号
  • LINE
  • hatena

今年度の「神奈川なでしこブランド」に認定された無添加手作りジャムを手掛けた 高梨 尚子さん 金田在住 36歳

愚直に貫く”いいものづくり”

 ○…女性が開発した優れた商品やサービスを認定する「神奈川なでしこブランド」に、自身が手掛ける手作りジャムが選ばれた。三浦半島の肥沃な大地で育まれた露地野菜そのままの味わい、素朴ながらおしゃれな見た目、保存料・添加物を一切使わない安心安全な品質。「野菜を様々な形で提案し、三浦のいいものを作りたい」というこだわりを一瓶に閉じ込めた逸品は共感とファンを生んでいる。

 ○…家は三浦と横須賀に大小合わせて30カ所3・8ヘクタールの畑を持つ代々続く農家で、4人姉妹の次女として生まれ育った。多感な中学時代こそ「農家に恥ずかしさを感じたこともあった」と言うが、毎日楽しそうに野菜を育てる父親の姿に農業に対する価値観は変わった。結婚を機に家を継ぐ決意を固め、それまでの仕事を辞め三浦に戻ると、すぐさまトラクターの免許を取り、農協青年部の勉強会で技術を学んだ。「自分の手でイメージどおりの野菜を作れる。それが快感」

 ○…「ジャムは作っても売れない」。最初は諭す周囲の声を半ば押し切る形で信じた道を進んできた。手に取ってもらうにはどうしたらいいか思いを巡らせ、容器をプラスチックから瓶に、パッケージデザインは手仕事感あふれる仕様に変えてみると思いのほか好評だった。同様に瓶詰めのピクルスも販売。野菜を作って売るという固定化された農業イメージを柔軟な発想で壊してみせた。現在は食品以外の商品づくりにも乗り出すなど構想は尽きない。

 ○…昨年5月、直売所を改装して製品を販売する店舗を三浦海岸駅前に開いた。野菜をツールに地域を結ぶ拠点になればと、これまで接点のなかった和・洋菓子屋やパン屋などと協働でコラボ商品を生み出した。「イメージは道の駅。三浦へ来たらここに寄ろうと思ってもらえたら」。開業して8カ月、「軌道に乗るまでもう暫く我慢の時期」と言葉少なに語りながらも、表情は自信に満ちていた。

三浦版の人物風土記最新6件

蛭田 健さん

三浦青年会議所(三浦JC)第58代理事長に就任した

蛭田 健さん

1月11日号

福本 真昭さん

三崎まぐろ祭年末ビッグセール実行委員長を務める

福本 真昭さん

12月14日号

齋木 勝さん

NPO法人「水上安全法普及会」の代表理事を務める

齋木 勝さん

11月30日号

松本 理沙さん

11月19日にソロコンサートを行うサクソフォン奏者の

松本 理沙さん

11月16日号

中澤 靜惠さん

句集「群青の灘」を上梓した

中澤 靜惠さん

11月2日号

高澤 昌平さん

11月10日に初のワンマンライブを行うシンガーソングライターの

高澤 昌平さん

10月19日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク