三浦版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

5月1日に開かれる「ウクレレハッピーアワー」の中心メンバーとして活動する 佐藤 智彦さん 横須賀市在住 49歳

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena

人誘う魅惑の音色響かせ

 ○…「ウクレレ=ハワイアンやフラ。そんなイメージをいい意味で裏切りたい」。丸みのある可愛らしい音色で知られるが、意外にもレゲエや昭和歌謡、ボサノバなど多彩な音楽と自然に融合するウクレレサウンド。優しさの中に見え隠れする切なさや激しさは、聴衆の心を魅了してやまない。音楽性の広さを知ってほしいと始めた「ウクレレハッピーアワー」は5回目を数え、各地からファンが集うイベントに成長した。

 ○…イベンターの努力が報われるのは「楽しかった」の一言。苦々しく思い出されるのは、過去に見たイベント参加者の「遠い。渋滞で疲れた」というネット上の書き込みだ。1日の最後に受けた印象が、イベント全体の感想として上書きされてしまうことに衝撃を受けたという。渋滞回避に着想を得て、三崎の飲食店に協力を募り、前回から一部店舗で食事とウクレレを肴にファンが語らい、演奏を楽しむ場を設けた。狙い通り満足度は向上。今年の集客に一層の期待を込める。

 ○…高校生で始めたバンド活動をきっかけに音楽の道へ。横須賀のどぶ板通りや川崎のライブハウスを中心に、”テケテケサウンド”と呼ばれるサーフロックで支持を集めた。新人発掘番組にスカウトされ、95年「ザ・サーフコースターズ」としてデビュー。様々なエンターテインメントに触れてきた経験から、現在は三浦海岸で飲食店を営みながら定期的に店内で音楽ライブや寄席などを開催。「三浦で上質な演奏や娯楽を楽しんでもらえたら」

 ○…6〜7年前に初めて手にして以来、ウクレレの音色は見知らぬ人々との出会いを運び、絆を結んでくれた。「老若男女を一瞬で惹きつける力があると思う」。だからこそ、愛好家だけでなく三浦の人にも良さを知ってもらいたい。「横須賀がジャズの街なら、『三浦はウクレレ』と言われるようにこれからも育てていきたい」。膨らむ夢に胸を高鳴らせた。

三浦版の人物風土記最新6

鈴木 雄二さん

三浦青年会議所(三浦JC)第61代理事長に就任した

鈴木 雄二さん

三崎在住 36歳

1月7日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

横浜市緑区三保町在住 50歳

12月18日号

川名 大介さん

三崎小学校第34代PTA会長を務める

川名 大介さん

三崎在住 44歳

12月3日号

川松 賢治さん

三浦市老人クラブ連合会会長で、県高齢者福祉関係功労者等表彰を受けた

川松 賢治さん

下宮田在住 79歳

11月19日号

松岡 かおりさん

「はっぴー子育て応援団」メンバーで、トリプルPセミナーの講師を務める

松岡 かおりさん

葉山町在住

11月5日号

上野 憲一さん

油彩画家で、個展「回り、重ねる。」を開く

上野 憲一さん

小網代在住 73歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook