三浦版 掲載号:2017年8月4日号 エリアトップへ

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜 その1 進駐軍に示した海洋学者の気概 

掲載号:2017年8月4日号

  • LINE
  • hatena

 東京大学三崎臨海実験所。その建物は三浦半島の突端、油壷湾に面して立っています。歴史と由来は古く、彼(か)のモースによる海洋学建学の流れを継ぎ、昨年開設130周年の式典が開催されたところです。昭和天皇の生物学事始めもこの場所で、実に内外の多くの学究の徒が、古くは明治時代から去来しています。戦前には、我が国で最も多彩な国際交流機関であったといえます。

 しかし、第二次大戦末期には日本海軍特殊潜航艇基地となり、敗戦時には米軍に接収されることになりました。その際、実験所を守ったとされるのが、発生生物学者で同大学講師だった団勝磨(だんかつま)氏(1904―1996)と、国籍を超えて戦後の日本人の為に尽くした米国出身の妻・団ジーン氏です。この二人が地元横須賀市長井に所在し実験所へ通っていたこと、頌すべき業績の大きさなどを今の世代に伝えたいと強く念じ、その崇高な人生に光を当ててみようと思います。

(以下、敬称省略)

 一九四五年八月二十九日、マッカーサー司令部の先遣隊が厚木飛行場に着いた足で、実験所にやって来ました。先方は、少佐・副官・通訳・GI、日本側は海軍の将校三人と団勝磨。会議室での会話は、双方の緊張と怯えで当初は成立しませんでしたが、勝磨の流暢な英語に大佐が気付き、じっくり話を聞いてくれたといいます。

 実験所へ戻った勝磨は、ハトロン紙に墨汁でメッセージを書き上げ、扉に貼りつけて立ち去りました。その全文を紹介します。

 「ここは60年以上の歴史を持つ臨海実験所である。貴官が東部出身なら、『ウッズホール』や『マウントデザート』、あるいは『トルチュガス』の実験所をご存じであろう。また、西海岸を故郷とする人々は、『パシフィック・グローブ』とか『ビュゼット・サウンド』の臨海実験所の名前を聞いたことがあると思う。当所も、そのような実験所である。従ってこの場所を手荒く扱わず、私たちが軍事とは無縁な研究を続けられるようにして頂きたい。

 貴官らが武器と軍事施設を破壊されるのは自由だが、日本人研究者のための一般施設には手をつけないでほしい。また、当所での任務を完了されたときは、その旨を大学に通報し、私たちがこの研究施設に立ちもどれるように配慮されたい――最後に退去する者より」

(磯野直秀著『三崎臨海実験所を去来した人々』より)。

 特に棒線の部分は名文です。米軍の接収は免れませんでしたが、勝磨のメッセージにより建物の破壊の危機は回避することができたのです。

(つづく)
 

三浦版のコラム最新6

ともに歩んだ53年に感謝

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

ともに歩んだ53年に感謝

三上成次さん(マリンパークスタッフ)

9月10日号

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

三浦半島 草花歳時記

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

文・写真 金子昇

9月10日号

世界一の素敵親子をめざして

連載30

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

8月27日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

8月27日号

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

“わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

衆議院議員・環境大臣 小泉進次郎さん

8月27日号

第22回 マジに臭い「ヘクソカズラ」

三浦半島 草花歳時記

第22回 マジに臭い「ヘクソカズラ」

文・写真 金子昇

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook