三浦版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

今年創立50周年を迎えた市立名向小学校のPTA会長を務める 前山 裕治さん 諸磯在住 39歳

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena

地域を結び、親子を繋ぐ

 ○…名向小のPTA会長職に就いて3年目。学校創立から半世紀の節目を迎える今年は、通常の職務に加えて記念事業の運営に特に奔走してきた。その集大成となるイベント開催をいよいよ数日後に控え、感慨もひとしおだ。理想の学校づくりは、家庭と地域との三位一体であること。「これを機会にたくさんの人に、もっと学校へ来てもらえたら嬉しい」と話した。

 ○…正直なところ、様々な先入観から当初はPTAの加入に気が進まなかったという。周囲の後押しもあって飛び込んだものの、初年度にして会長の大役を引き受けることに。まず取り組んだのは教員との意思疎通、役員の意識改革だった。学校対抗行事では、結束力を高めようと揃いのシャツを作るなど率先して行動。ある時は「会長は偉い。そんなイメージを変えたい」と、組織の潤滑油となり、縁の下の力持ちにもなってきた。「やるなら義務感でなく、保護者も楽しんで学校に関われるようにしたかった」

 ○…自身も同校の卒業生で、思い入れは強い。「小柄だったので、組体操では頂上。小4・6年の先生は今でも覚えているし、校歌も歌える」。次々と懐かしい思い出が溢れてくる。だからこそ、「50周年となる今年を子どもたちの記憶に残るものにしたい」と意気込む。名向小に通って良かった、あの時楽しかった。一人ひとりの心に母校への小さな誇りが芽生えるのを心待ちにする。

 ○…家庭では小学4年の娘の父親。一般的に思春期に差し掛かる頃だが、学校という共通の話題が良いコミュニケーションになっているという。「今日は何かあった?とか、どんなことをしたの?とか。接客業で休みが合いにくい分、日頃から会話をする」と笑みを見せる。我が子も含め、母校の後輩たちに伝えたいのは、「友達を大切に。困っている人を助けられる子になってほしい」とこれからの成長に期待を込めた。

三浦版の人物風土記最新6

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

三崎警察署の署長を務める

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

上宮田在住 58歳

6月25日号

長瀨 初美さん

私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」を開設する

長瀨 初美さん

三戸在住 51歳

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook