三浦版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

2月12日開催の格闘技イベント「Krush.85」に出場するプロキックボクサーの 里見 柚己さん 入江出身 20歳

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena

世界見据え、磨く心技体

 ○…「夢へ近づくための大事な試合」。闘志を露わに、3日後に迫った一戦への思いを言葉少なに語る。対戦相手は人気実力ともにトップクラスの選手。しかし、相手にとって不足はない。日々、過酷な練習メニューをこなし、己の限界を越えてきた今、負ける理由はどこにも見当たらないからだ。仕上がりは万全。「早く試合がしたい」。開始のゴングが待ち遠しいとばかりに満面の笑みを見せた。

 ○…格闘技が好きだった父親の影響で、幼少期からプロレスを見て育った。友人の多くはアニメのヒーローやスポーツ選手に憧れる年頃だが、傍目もふらず卒園アルバムには「プロレスラーになりたい」、小学校の卒業文集には「K―1の世界チャンピオンになる」と夢を寄せた。小学5年から本格的に習い始めると、持ち前の運動神経と負けん気で才能が開花。「強くなりたい」。がむしゃらにただ一心。「そういえば、若宮神社のわんぱく相撲も負けが悔しくて泣いていたっけ」

 ○…アマチュア大会最優秀賞などの好成績が認められ、高校1年にしてプロへ転向。意気揚々と迎えたデビュー戦だが、様々な感情が鮮烈に蘇る。憧れの後楽園ホールのリングに立てた興奮、プロの格の違いを見せつけられて無念の黒星を喫した忸怩の念。順風満帆と思われたなかでの挫折は、どこかで高を括っていた自分に現実を知らしめるには十分だった。「今となっては意味のある負けだと思う」

 ○…成人式を先月迎えたばかりの弱冠二十歳。自身曰く「荒々しく、やんちゃだった10代」を経て、自覚と責任が芽生えてきた。両親、友人、仲間、恩師、ファンへの感謝の言葉が口をつく。また、ともに切磋琢磨し合う同門選手に初声中時代のクラスメートがいることもいい刺激になっているという。「早く三浦にチャンピオンベルトを持って帰ってきたい。それが地元への恩返しになるのかな」。幼い頃の夢へと向かい、愚直に戦い続ける。

三浦版の人物風土記最新6

上野 憲一さん

油彩画家で、個展「回り、重ねる。」を開く

上野 憲一さん

小網代在住 73歳

10月22日号

浅倉 健人さん

三崎警察署員で、「わんわんパトロール隊」の1人として活動する

浅倉 健人さん

原町在住 61歳

10月8日号

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook