三浦版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • はてぶ

連載 第23回「岩堂山のこと」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

宮川方面から岩堂山を眺望
宮川方面から岩堂山を眺望
 「岩堂山」について近くに住む人々は「いわどやま」と呼んで親しんできたと言われています。この山は三浦半島南端では最も高い山で海抜八九・九メートルの山です。三浦市で最も高い山と言われますが、神奈川県内では、最も低い山だとも言われています。

 この「岩堂山」が、立原正秋著『夏の光』に登場します。それは戦時中の話になります。

 「岩堂山」は、三崎と剣ヶ崎を結ぶ中間のやや北寄りにあり、海抜八十二メートルで、頂上に観測所があった。(註、当時の標高の明記によります)近くの野頓坊の谷に、昭和十三年まで三崎砲台とよばれた砲台があったが、現在ここは東京湾要塞重砲兵聨隊の本部になっており、砲はない。しかし砲台跡はそのまま残っていた。野頓坊の谷は西にくちを開いており、谷の入口を高いコンクリート塁で四つに区切り、四砲をならべていた。塁には地下道が貫通し、掩蔽(えんぺい)壕(ごう)がつくられ、砲は東々北と西々南に配列され、首線は東京湾口に向けられていたが、しかし四周を砲撃できるようになっていた。砲台が築かれはじめたのは大正四年で、九年には七年式三十サンチ長榴弾砲四門が据えつけられた。これはのちに地震のため損害を受けたりしたが、間もなく復旧した。しかし、昭和十四年の三月に、満州東寧の郭亮山砲台に四門が移され、三崎砲台は十八年には除籍されたが、建設物はそのまま残され、やがて東部二一一二部隊の本部に使われだした。(中略)

 東京湾要塞重砲兵聨隊の本部といっても、聨隊長は房総にいたし、岩堂山を率いているのは、小野寺基一という少佐であった。聨隊の人事異動はかなり激しかった。兵隊達の仕事もいそがしかったが、毎日が、訓練よりも砲の移転の仕事に追われていた。昭和十八年の暮から、東京湾附近では、アメリカ潜水艦の出没がかなりあり、それにつれ、東京湾要塞では、火力を浦賀水道入口附近に集中させるべく、砲の移動をはじめていた。」

 大昔、行基菩薩がこの山に籠(こも)って、仏像を刻まれたと言われ、そのおりの木片が寄り集められ「木っぱ塚」が山中にあったとも伝えられています。

 今は二つに分かれた山の姿ですが、西側の山中には、かつての要塞を思わせるコンクリートも残っています。

 この山の頂きから海上を眺望するのも良いでしょう。現在、風車は動いていませんが、風車の向こうは広大な海があり、伊豆大島も眺められます。平和な時代は良いものですね。

(つづく)

三浦版のコラム最新6件

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第28回「城ヶ島のこと その4」

三浦の咄(はなし)いろいろ

11月16日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第27回「城ヶ島のこと その3」

三浦の咄(はなし)いろいろ

11月2日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第26回「城ヶ島のこと その2」

三浦の咄(はなし)いろいろ

10月19日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第25回「城ヶ島のこと」

三浦の咄(はなし)いろいろ

10月5日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク