三浦版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

連載 第39回「海南神社のこと【3】」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
海南神社本殿下右側にある木村伝右衛門奉納の石灯籠
海南神社本殿下右側にある木村伝右衛門奉納の石灯籠

 「海南神社は天元五(982)年に、補陀山海潮寺のあった楫谷山(現在の神社の位置)に建てられたと縁起書にあり、これが従来の定説で、資盈死後百十六年後のことである。」(『三崎郷土史考』内海延吉著)と記されています。

 その後、三浦一族家の祈願所として、供田として「宮田」の名称由来や大介義明、義村、道寸の信仰等があったのです。

 江戸時代に入って、神社は享保八(1723)年、次いで寛保三(1743)年に社殿の改築があり、その御遷宮(ごせんぐう)(神殿の改築や修理の前後に神霊を仮殿や本殿にうつすことや、その儀式を言う)が、延享二(1745)年六月に行われたのでした。そのことが、前号で紹介した鶯丘舎草也(木村伝右衛門)献灯の石灯籠に記された文からも推量できます。

 それには、次のように記されています。

 「海南の海は唐(から)(底とも)までも青く楫谷(しゅうこく)の楫(かじ)は船を恵み、人を修するの教にして上なき宝にや。されば宮柱太しき栄へも善尽(つく)し、美尽(つく)して成就(じょうじゅ)。」

 海南の海は底までも青く、楫谷(かつての神社の存する処)は「楫谷山」と称し、「楫谷」の「楫」は、「船の楫」を意味することから、船の恵みと言い、「楫谷の地」は人が修養するには最上の宝であろうとして、神社が栄えることで、善も美も成就するものである。と述べています。

 さらに、文は次のように続いています。

 「とくと此水無月(このみなつき)(六月のこと)例祭の砌迂宮(みぎりせんぐう)(例祭の時、神社のご神体をよそに移す《遷宮》)ましますの幸にまかせ、神帳を開かせ給ふに、郡裡(郡のなか)の惣社(参拝の便利を考えて、数社の祭神を一カ所に集めた神社)千戸の宗廟(そうびょう)(祖先をまつるみたまや)とて、老少男女足元も見ず、押合侍(はべ)る。予(私)も、そのひとりにして、ここに寸志の石灯籠を添(そ)へ参らせ、恐(かしこ)み拝(おが)まん事を祈(いのり)、且(かつ)みあかしの上、久しく給へる朝蔭(かげ)夕かげの光りとも仰ぎ奉るものならし」と刻字され、次の二句が添えられています。

 「海よりの朝日や恵(めぐ)む若葉蔭(かげ)」

 「夏山や幣にすかす夕月夜」

 草也

 延享二乙丑年 林鐘

 『三崎誌』を元に書いてきましたが、文中にあるように、延享二(1745)年の六月に「御遷宮が行われ、老少男女の多くの人々が参拝に来られ、押合いになった旨が記されています。その折の「石灯籠」寄進だったのです。

(つづく)

三浦版のコラム最新6

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第41回「海南神社のこと【5】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

6月14日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治その23 夫妻の最期と、長女みかさん

6月14日号

世界一の素敵親子をめざして

連載5

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

5月31日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第40回「海南神社のこと【4】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

5月31日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

5月31日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治その22 実験所を支えた地元の2人【7】

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク