三浦版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

今月末、自主企画コンサートを開催するピアニストの 長田 翔一さん 原町在住 25歳

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

奏で伝える音楽の魅力

 ○…「都内や横浜に行かなくても、三浦で生の音楽にふれる場を」。今月末から定期開催する自主企画コンサート。若手ピアニストとして場数を踏むのはもとより、生まれ育ち、演奏家の素地を形成し、応援してくれる地域への感謝の念を込める。「自分には音楽しかない」。だからこそ、より身近に、もっと気軽にその魅力を届けることが挑戦をかり立てている。

 ○…幼稚園の鼓笛隊で初めて鍵盤をさわり、祖母にねだって買ってもらったキーボードが原点。しかし、教室に通い始めるも、難易度が高くなると上達にかげりが見え、中学の吹奏楽部でフルートに転向。プロをめざし、音大受験に挑んだが実力を発揮できなかった。浪人中、気晴らしで弾いたピアノ。度胸試しにと出たコンクールでの入賞が火をつけた。入試まで残り約3カ月。無謀とも思える再転向の逆境をはねのけ、合格をつかんだ。

 ○…プロとなって最初の舞台は横須賀でのワンコインコンサートで、「お金をいただいての演奏は何より緊張した」と感慨深げに振り返る。また、終演後の嬉しい労いの声に「三浦でもやってみたい」との思いを抱くきっかけにもなった。その後、市内の若手音楽家とグループを結成。昨年1月、周囲の後押しもあって念願の地元公演を開催すると、音楽の力が伝播する様子に手ごたえを感じた。

 ○…「クラシックから現代曲までレパートリーは尽きず、他楽器とのアンサンブルでさらに幅が広がる」とピアノを語る。練習に没頭した音大時代、コンクールの成績を気にするあまり、「音楽性の魅力がない」と度々指導されたこともあった。挫折を経て、一度離れることで知った奥深さは、今もこれからも弾き続ける原動力だ。「とにかく音楽」。噛みしめるように何度も繰り返した。

三浦版の人物風土記最新6

大場 育子さん

介護経験をつづった「育ちゃんの介護人生の道」を上梓した

大場 育子さん

金田出身 50歳

4月3日号

杉崎 悠子さん

三浦市社会福祉協議会職員で、第4次地域福祉活動計画の策定を主導した

杉崎 悠子さん

菊名在勤 31歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

黒田 美結さん

三崎をモチーフにしたオリジナルの絵画作品を制作する

黒田 美結さん

三崎在住 18歳

3月6日号

渡辺 清子さん

三浦修道院の代表を務める

渡辺 清子さん

金田在住

2月21日号

渡邉 亜紀さん

静岡県の女子サッカーユースチーム監督で、競技普及に取り組む

渡邉 亜紀さん

城山町出身 45歳

2月7日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク