三浦版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

連載 第49回「見桃寺のこと【2】」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
見桃寺墓地内、向井氏一族の墓
見桃寺墓地内、向井氏一族の墓

 「見桃寺の開基(創立した人)は、向井兵庫守政綱で、創建されたのは天正年間(1573年〜91年)である旨は、前回に記しました。

 その向井氏の発祥の地は「紀伊国(現在の和歌山県と三重県の一部)の尾鷲」とする説や「伊賀国(現在の三重県)向庄」とする説などがあります。『史料が語る 向井水軍とその周辺』(鈴木かほる著)によりますと「現在の三重県亀山市加太向井である。」としています。政綱の父、正重(まさしげ)は今川氏を経て、武田氏に帰属したというのです。その正重は帰属後の七カ月の後ち、軍船の新造に取り掛かったと言うのです。

 武田水軍の知行地は、今川氏の旧領地の駿河、遠江の内にあり、筆頭は小浜景隆の二十六カ所で、向井氏は十八カ所を知行(支配すること)していたのです。

 天正三(1575)年、徳川勢が駿河の蒲原(かんばら)、江尻を攻めたとき、武田水軍の小浜景隆、向井正重等は、その地を死守し、武田勝頼から感謝状を受けています。天正七年、徳川勢は武田水軍の拠点である駿河の用宗(もちむね)城を攻めたとき、向井正重は養子の政勝と共に自害しています。

 武田勝頼死後の翌年、天正十一(1583)年に徳川氏に仕官し、小牧、長久手の戦や小田原攻めに参加しています。

 徳川家康は、水軍の本拠地として、江戸の内海に当たる、上総(かずさ)の富津(ふっつ)、五井と相模の三浦三崎を定めたのです。

 天正十八(1590)年九月、小浜景隆・間宮高則・千賀重親及び向井政綱を「三崎四人衆」として江戸の内海関門の警備に当たらせました。時に政綱35歳、嫡子(ちゃくし)忠勝9歳の時でした。

 おもしろいことに、「中世の海上での武力の行使者は、東海、関東においては、ほぼ『海賊衆』として現れる。」(鈴木かほる著『史料が語る 向井水軍とその周辺』)とあり、その後、「船手」の呼称となったと言うのです。その中心が「船手頭(かしら)」です。

 「見桃寺」に向井一族の墓があります。三浦市の文化財にも指定された立派なものです。

 その墓は、「天慶玄龍」との法名をもつ、政綱をはじめ、政綱室(政綱妻)、忠勝、忠勝室、直宗、直宗室、直宗の子右衛門太郎の七名の墓碑です。

 なお、『三崎志』に、「向井左近将監忠勝の碑」が、「宝蔵山ニアリ」として、銘文が載っています。

(つづく)
 

三浦版のコラム最新6

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第55回「ふところ日記【1】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

2月7日号

第4回 「河津ザクラ」は偶然の発見

三浦半島 草花歳時記

第4回 「河津ザクラ」は偶然の発見

文・写真 金子昇

2月7日号

世界一の素敵親子をめざして

連載12

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

1月24日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第54回「諸磯のこと【3】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

1月24日号

第3回 正月に立てる門松「クロマツ」

三浦半島 草花歳時記

第3回 正月に立てる門松「クロマツ」

文・写真 金子昇

1月10日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

1月1日号

三浦の咄いろいろ

三浦の咄いろいろ

みうら観光ボランティアガイド協会 田中健介

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク