三浦版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第1回 紅葉狩り 文・写真 金子昇

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

 10月の台風による樹木の葉への影響が大きく、今年の紅葉は例年のような美しさを楽しめることができるか心配です。初回はこの紅葉についてのお話です。

 今ではカエデとモミジは同じに扱っていることが多いですが、古くは違った意味を持っていました。古代の染色法により、昔の人は種々の草木の汁を揉み出して、布に色を染めていました。ここから布に色づくことを「揉み出る」から「モミジ」という言葉が生まれました。秋になると様々な樹木の葉が、赤や黄色、茶褐色に色づくので、葉が色づくことを「モミジ」といい、漢字で「栬」や「紅葉・黄葉」と表しました。樹木の中でも特にカエデは良く色づく(モミジ化する)ので、いつしかカエデをモミジとも呼ぶようになりました。

 万葉集では、秋の色として中国の文化を尊重し、「黄葉」の字が使われていましたが、平安時代になると、日本独自の文化が高まり、秋の色は「紅葉」へと代わっていきました。

 三浦半島での紅葉は、赤・赤褐色(イロハモミジ、ヤマザクラ、ヤマハゼ、ヌルデ、ニシキギ、ナツヅタ等)、黄色(イチョウ、エノキ、トチノキ等)、茶褐色(クリ、クヌギ、コナラ、ケヤキ等)が見られます。
 

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

三浦版のコラム最新6

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

11月29日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第52回「諸磯のこと【1】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

11月29日号

世界一の素敵親子をめざして

連載10

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

11月15日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第51回「隣松庵のこと」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

11月15日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第50回「見桃寺のこと【3】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

11月1日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治、吉本尚その28 番外編【5】

11月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月29日号

お問い合わせ

外部リンク