三浦版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

連載 第66回「三浦古尋録その【5】」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
大井戸と呼ばれた旧跡
大井戸と呼ばれた旧跡

 「三浦五井」のうち、二つの井は三浦市内にあり、それぞれ地名として残されています。

 一つは南下浦町の「今井」です。この地に「三樹院」という浄土宗の寺院があります。寺の境内に「今井の井戸」と表題された井戸があります。「この井戸は往時の三浦五井の一つで、一説に今井の地名はこれより起こったといわれています。」とあって、「当山の地蔵尊のご詠歌のとおり、『てむけする いまいしみずの おとたてて…』と、井戸の清水は今もこんこんと湧いています。」と書かれています。

 また、「三樹院」の『当山由来縁起』に、「抑々(そもそも)当山の由来を尋ぬるに、往古今井の四郎兼平(かねひら)、出陣の砌(みぎ)り(とき/おり)、この地に仮屋を設け給ふ。其(そ)の旧跡は、今井、当長谷川清左衛門屋敷跡にあり、此の故を以(もっ)て今に当所の字(あざ)を今井と称す。其(そ)の後鈴木某(なにがし)なる者、大道心の発願し、彼(か)の兼平(かねひら)の仮屋を持ち来たり一宇(いちう)(一軒の建物)を建設し、海東山三樹院と号し、五劫寺末と改む。」とあります。

 なお、今井兼平とは、平安後期の武将で、木曽義仲に仕え、平家追討に加わり活躍した人物で、巴(ともえ)御前の兄でもあります。信濃国筑摩郡の今井を領した人物でもあります。

 もう一つの「井戸」は初声町高円坊にある「大井戸」と言われている「わくり井戸」です。

 高円坊地区は山間にありますが「湧水」の豊富な場所で、三浦市の水源地にもなった処(ところ)です。「塔の台」と呼ばれる処にある「日枝神社」の辺りは緑樹蒼然とした森で、地名をとって「大井戸森」と称しています。

 延享三年(1746)に記された『高円坊村五劫(ごこう)寺縁起』の中に、この寺について、「和田ノ左衛門平(たいらの)義盛、尊崇帰依(そんすうきえ)ノ道場ナリ、故(ゆえ)ニ、志(こころざし)アル輩(ともがら)ハ、寺前ノ流ニ垢離(こり)(神仏に祈願するとき、冷水で体と心を清めること)ヲ取テ、コノ尊像ニ参詣ス。」と記されています。残念ながら五劫寺は廃寺になっています。さらに、「西ニ当(あたり)テ霊泉アリ、大井戸ト云フ、(中略)日夜十二時ニ湧出(わきいづ)ルコト見ル人目(ひとめ)ヲオドロカス、信ニヨリテ霊泉ノ利益ヲ現ズル事コレ多シ、故ニ、所ノ里名ヲ大井戸ト云ヒ、寺ノ山号ヲ大井山ト号スル事コノイワレナリ」と記さて手います。

 霊泉「大井戸」(径六尺と言われている)は南西に広がる水田地帯を潤す水源となっていましたが、現在では水田は見られずキャベツや大根の耕地となっており、かつて、身を清める意の「精進川」も「庄司川」と字体が変わっています。

(つづく)
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載21

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

10月23日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

10月23日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第69回「三浦の五木その【2】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

10月23日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第68回「三浦の五木その【1】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

10月9日号

第12回 「アオツヅラフジ」の種の模様が

三浦半島 草花歳時記

第12回 「アオツヅラフジ」の種の模様が

文・写真 金子昇

10月9日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク