三浦版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第17回 草餅に使う「ハハコグサ」 文・写真 金子昇

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

 草餅のシーズンが近づいてきました。今でこそ草餅のつなぎとして使うのはヨモギですが、本来は軟毛が密で、餅に絡まって粘り気を出す「ハハコグサ」を利用していました。桃の節句にハハコグサの餅(母子餅と呼ばれた)を食べる習慣は、平安時代に中国から伝わりましたが、母子を杵でつくのは縁起が悪いということから、室町時代になってヨモギに代わり現在に至っています。

 ハハコグサの名の由来は、花に白色の毛が立っている様子に見えるので、「ほうけ立つ」から「ホウチグサ」「ホウケグサ」そして「ホウコグサ」(ハハコグサ)と転訛(てんか)してきました。その昔、中国から農作物に付着して、朝鮮半島を経て日本へ渡った史前帰化植物といわれています。

 春の七草ではハハコグサは「ごぎょう」または「おぎょう」(御形)といわれてます。邪気を払う厄払いの3月の節句には、草(ハハコグサ)や紙で人形を作り、自分の身の穢れや厄払いを託して川に流していました(後の「流し雛」)。この人形も次第に家の中に保存され、飾られるようになったのが現在の「雛人形」です。
 

三浦版のコラム最新6

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

4月16日号

第18回 パイオニア精神の「ハマヒルガオ」

三浦半島 草花歳時記

第18回 パイオニア精神の「ハマヒルガオ」

文・写真 金子昇

4月2日号

世界一の素敵親子をめざして

連載26

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

3月19日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

3月19日号

第17回 草餅に使う「ハハコグサ」

三浦半島 草花歳時記

第17回 草餅に使う「ハハコグサ」

文・写真 金子昇

3月5日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter