三浦版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第27回 枝に餅を刺して祝う「ミズキ」 文・写真 金子昇

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena

 1月15日(小正月)には、豊作祈願のために多様な形のダンゴ(または餅)を作り、「ミズキ」の枝に刺した「繭玉」(または餅花)を飾る風習があります。島崎藤村の「千曲川スケッチ」の中にも、「ミズクサ(ミズキ)の枝に繭の形をしたダンゴを飾る」とあります。方言名は「ダンドノキ」。

 ミズキは「水の木」の意で、春先の成長盛んな時期には水分を多く取り込むため、枝を切ると水が滴るほどで、別名「アメフリ(雨降り)」と言います。また、葉の粉が体につくと痒くなるので、別名「ハシカミズ」とも言います。

 ミズキの枝は昆虫や鳥たちによる花粉や種子の運搬に好都合な伸び方をします。新芽がある程度伸びていくとその枝は成長を止め、その下方からまた新たな芽を伸ばし、これを繰り返していきます。そのため上空から見ると水平に敷き詰められた枝葉の層ができ、その上に白い花を咲かせます。この景観は昆虫や鳥たちには、水面に咲くハスの花のように見えるので、花の蜜や熟した実を一目で見つけやすくなるでしょう。

三浦版のコラム最新6

第31回 境界木に使う「マルバウツギ」

三浦半島 草花歳時記

第31回 境界木に使う「マルバウツギ」

文・写真 金子昇

5月13日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

4月15日号

第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽

三浦半島 草花歳時記

第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽

文・写真 金子昇

4月1日号

世界一の素敵親子をめざして

連載36・最終回

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

3月18日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

3月18日号

第29回 古い起源を持つ「アケビ」

三浦半島 草花歳時記

第29回 古い起源を持つ「アケビ」

文・写真 金子昇

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook