平塚版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

市美術館市民アートギャラリーで作品展を開いている 相澤 豊治さん 中原在住 70歳

病に負けず筆にぎる

 ○…70歳の節目に、「日本美術院 入選作品展」を開いた。通称”院展”と呼ばれるこの作品展に応募し続けて18年。52歳で初入選してから、これまでに27回もの入選を果たした。「『こんなに入選する人もなかなかいないから、展覧会を開いたら』という知人の勧めで」と個展を実現させた。12月2日まで、市美術館の市民アートギャラリーで開催されている。

 ○…新潟県出身。小学生のころから絵が好きで、コンクールでは度々賞をもらった。だが「絵だけでは食べていけない」と、目の前の進むべき道を歩んだ人生。中学を卒業すると家庭の事情で高校進学を断念し、集団就職で平塚の金型製造会社に勤めた。しかし進学への思いは断ち切れず、高校に通いながら働ける会社に転職し、26歳で平塚商業高校の定時制に入学した。30歳で卒業し、その後は外資系企業に就職。定年まで勤め上げた。

 ○…高校に通っているときも、働いているときも、筆をにぎらないことはなかったが、定年を機に禁煙したことがストレスで、描けなくなったことも。追い打ちをかけるように肺の病気も見つかり、医者から告げられたのは「平均余命は5年」という重い言葉だった。酷く落ち込み、気持ちがふさぎ込む毎日。だが、それを忘れさせてくれたのは、やはり絵だった。再び筆を取ると、それ以降は不思議と毎年入選するようになり、「『死ぬのか』なんてことは思わなくなりましたよ」と、ツヤの良い顔から光る歯がのぞく。

 ○…「絵を見て結婚を決めた」という、長年連れ添った妻と二人暮らし。ウォーキングや腹式呼吸をし、健康的な毎日を心がけているという。最近の検査の結果は、良好だそう。「諦めなければ、その人なりに生きる道があるんですよね」。自分で確かめるように頷きながら、自身の作品を愛おしそうに眺めた。
 

平塚版の人物風土記最新6件

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月15日号

中根 瞳さん

「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

中根 瞳さん

2月8日号

平田 昇さん

NPO法人平塚のら猫を減らす会の理事長

平田 昇さん

2月1日号

土井 浩さん

元平塚市博物館長で、金田の郷土史本『わが住む里の江戸時代―かねだ―』を執筆した

土井 浩さん

1月25日号

岩崎 和輝さん

「第6回三十路式」の実行委員長を務める

岩崎 和輝さん

1月18日号

関口 雄一さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した

関口 雄一さん

1月11日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク