平塚版 掲載号:2013年3月14日号

尺八演奏家として活躍する

大山 潤一さん

花水台在住 28歳

尺八の魅力 若者に届け

 ○…「若い世代にも和楽器の音色に親しんでほしい」。日本の伝統的な木管楽器、尺八の魅力を伝えようと、プロの演奏家として活躍している。年間200本以上の公演会をこなす傍ら、母校のなでしこ小学校に招かれて授業を開くなど、演奏人口が減りつつある尺八の伝承に力を注ぐ。

 ○…江戸時代から伝わる琴古流尺八の演奏家である父の影響で幼い頃から尺八に親しむ環境はあったが、「当時は魅力が全く分からなかった。古典的な曲ばかりで親しみが湧かなくて」と頭をかく。尺八に対する見方が一変したのは、高校3年生の夏。湘南ひらつか七夕まつりのステージで、和楽器を使い流行の曲を演奏するバンドメンバーに出会い「和楽器もこんな面白い演奏の仕方があるのか」と、尺八の新たな可能性を知った。

 ○…「自分も尺八の道に進みたい」と二十歳を機に父に告げ、大学に通いながら毎晩稽古に励んだ。卒業後はアルバイトをしながら演奏を披露できる場を探し歩いた。「レストランや福祉施設、会場の大小関係なく何でも引き受けた。イベント主催者に企画書を根気強く提出したこともあった」と振り返る。

 ○…「伝統を守りつつも、尺八の世界に新しい風を吹かせたい」と、抱負を語る。日本人の琴線に触れる音色を若者に届けようと、ギター奏者とデュオユニットを結成し、和と洋をミックスした新感覚の音楽を発信したり、子ども向けの朗読劇に出演したりと、自由な発想で伝統文化と向き合っている。

 ○…現在は手帳が真っ黒になるほど多忙な日々を送るが、時間があれば緑の多い花水川沿いや湘南平に足を運ぶという。「何も考えずゆったり過ごすのが一番のリフレッシュ方法。もちろん、尺八も連れていきます」と、屈託のない笑顔を見せた。
 

平塚版の人物風土記最新6件

高津 弘人さん

野鳥写真集「鼓動」を1月9日に出版した

高津 弘人さん

1月19日号

守屋 宣成(せんじょう)さん

(公社)平塚青年会議所の第59代理事長を務める

守屋 宣成(せんじょう)さん

1月12日号

樽木 章宏さん

2017年平塚市成人式の実行委員長

樽木 章宏さん

1月5日号

伊澤 聡さん

「第11回湘南国際マラソン」フルマラソン一般の部男子で優勝した

伊澤 聡さん

12月22日号

潮田(うしおだ) 隼人さん

神奈川県野球協会クラブ優秀選手賞を受賞した湘南ひらつかマルユウBBCの

潮田(うしおだ) 隼人さん

12月15日号

杉山 治男さん

神奈川県の銃砲刀剣類登録審査委員として活動する

杉山 治男さん

12月8日号

関連記事(ベータ版)

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小酒井さん作品ずらり

小酒井さん作品ずらり

元麻布ギャラリーで

1月11日~1月17日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク