平塚版 掲載号:2015年12月24日号
  • googleplus
  • LINE

2015年のキャリア支援企業表彰を受けた株式会社玄の社長 井出 隆夫さん 明石町在住 59歳

理美容師育てる「お父さん」

 ○…厚労省から社員教育の模範的企業として表彰された株式会社玄を含む、理美容関連のライオンファミリーグループを束ねる。「大企業と並んでの表彰、恐悦至極。何よりスタッフの頑張りが評価されたことが嬉しいよね」と破顔する。

 ○…明石町にあった「井出理容館」の3人兄弟の末っ子で、商店街を遊び場にかけまわり、働く両親の姿を見ながら育った。兄たちに代わり店の後継ぎとして修業に入り、親子3人で椅子を3脚並べて働いた。「店が古いからお客が少ないんだとか不平不満ばっかりだったね」と苦笑しつつ振り返る。転機は理容技術を競う大会への初出場。「見ないようにしていた」という技術不足を痛感した。一念発起し修業に打ち込み、30歳で全国優勝を果たした。

 ○…各地から講師依頼や弟子志願が舞い込み、店舗も4つまで拡大。順風満帆に見えたが、バブル崩壊後の不景気で店を畳まざるを得なくなった。「真っ暗になった」中、差し込んだ光は、仲間。当時のスタッフ全員が残留を申し出てくれた。「嬉しかった。スタッフのための経営者になりたいって決心したのはこの時だよ」

 ○…それから今まで走り続け、現在では市内理美容店をはじめ海外支店、専門学校など約30施設を擁するグループに育て上げた。学校の湘南ビューティーカレッジでは校長として学生を指導、週末もライオン本店でハサミを握るなど、「趣味は仕事かな」と苦笑い。社員も「社長が休んでいるところを知らない」と首を傾げる。その原動力は「スタッフの成長かな。大事な娘や息子たちの成長を喜ばない親はいないでしょ」とにっこり。

 ○…仕事に限らず、家族や恋愛の悩みなども共有し親身になって相談に乗るなど、スタッフ、学生分け隔てなく接する大家族主義を貫く。校内を歩けば、学生から「校長先生」と次々声がかかる。皆から慕われ頼られる姿は、まさに理美容師や学生の「お父さん」だ。

平塚版の人物風土記最新6件

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月15日号

中根 瞳さん

「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

中根 瞳さん

2月8日号

平田 昇さん

NPO法人平塚のら猫を減らす会の理事長

平田 昇さん

2月1日号

土井 浩さん

元平塚市博物館長で、金田の郷土史本『わが住む里の江戸時代―かねだ―』を執筆した

土井 浩さん

1月25日号

岩崎 和輝さん

「第6回三十路式」の実行委員長を務める

岩崎 和輝さん

1月18日号

関口 雄一さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した

関口 雄一さん

1月11日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク