平塚版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

第66回湘南ひらつか織り姫に選出された 村田 百佳さん 明石町在住 21歳

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena

人と出会い 平塚を伝える

 ○…「選ばれたときはビックリした。子供の頃から憧れていた織り姫になることができて嬉しい」と、にっこり。3人の織り姫の中で唯一の平塚市民。地元の「顔」として1年間、魅力を発信する。「平塚が大好きで、出ようと思ったことは一度もない」と郷土愛を内面に秘める。健康的な小麦色の肌に白い歯が映える。

○…織り姫のセレクションを知ったのは2月頃。知り合いから勧められての応募だった。審査がインターネット投票に移ると、アルバイト先のフィットネスクラブで「応援しているよ」と声をかけられることが増え、周囲の人々から支えられていることを実感した。「たくさんの人と触れ合い、平塚の知識を吸収して、美しい湘南の海など、素敵な場所だと知ってもらいたい」と目標を述べ、「自分らしく、自然体で」織り姫に臨む。

 ○…愛知県に生まれる。父の仕事で生後4カ月の時に平塚へ移り住んだ。趣味は身体を動かすことで「動いている方が疲れない」。幼稚園から中学まで12年間、水泳に打ち込み、得意のバタフライの腕を磨いた。平塚学園高校では「新しい世界を見てみたい」と、チアリーディング(応援団)で汗を流した。地元の神奈川大学に進学すると「サーフボードを持って自転車を漕ぐ姿に憧れていた」と一念発起し、サーフィンを始める。「初めてサーフボードの上に立てたときの感覚は忘れられない。難しいけれど、それが楽しい」と魅力を熱っぽく語る。うまくなるために、連日海に通って練習する努力家の一面ものぞかせる。

 ○…大学の勉強も今年で集大成。織り姫の仕事に加え、就職活動もスタート。めまぐるしい1年になりそうだが、そんな不安もどこ吹く風。人とふれあい、体を動かすことができる仕事を将来に見据え「バイトも織り姫も就活もサーフィンも、全部今まで通りにやり切りたい」と言い切る。パワフルなサーフィンプリンセスは自信たっぷりだ。

平塚版の人物風土記最新6

竹村 洋治郎さん

4月1日付で湘南地域県政総合センターの所長に就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月13日号

浜野 達也さん

今年4月から平塚市博物館の館長に就任した

浜野 達也さん

市内在住 54歳

5月7日号

米山 健二さん

障害者就労施設の職員として衛生管理手法HACCPの認証取得に尽力した

米山 健二さん

しんわルネッサンス勤務 48歳

4月29日号

石原 淳さん

4月1日付で平塚市病院事業管理者(平塚市民病院)に就任した

石原 淳さん

南原在勤 66歳

4月22日号

山崎 伸一さん

4月1日付で平塚市消防本部の第21代消防長に就任した

山崎 伸一さん

田村在住 59歳

4月15日号

雨宮 恵子さん

平塚地区自閉症児・者親の会(平塚やまびこ会)の地区代表を務める

雨宮 恵子さん

長持在住 57歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新 文化

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter