平塚版 掲載号:2017年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

(公社)平塚青年会議所の第59代理事長を務める 守屋 宣成(せんじょう)さん 平塚在住 36歳

まちへの愛着育みたい

 ○…平塚・大磯・二宮の若手経済人らが集う「平塚青年会議所」(平塚JC)で今年1年、舵取りを任された。父が平塚JCのOBということもあり、27歳で入会。10年目の節目で大役が回ってきた。「個人ではできない、JCならではのスケールでまちを考えるのが楽しい。泥臭く青臭く、挑戦していきたいです」と、平塚のまちづくりに力を注ぐ。

 ○…蓮の花で知られる要法寺(平塚4の10の10)の副住職を務める。中学生の時に、僧侶になるための得度式を受け、跡継ぎとしてお披露目。名前の読み方も「のぶしげ」から「せんじょう」に変わった。高校は日蓮宗の総本山・久遠寺(山梨県)にある身延山高校へ。「ミリ単位で長髪は禁止、体育では200段を超える階段を3周走らされるなど、かなり独特な校風でした」と苦笑い。周辺の寺院に寄宿し、放課後も寺での仕事がある質実な青春時代だったが、先輩や後輩とのつながりは今でも続く宝物だ。

 ○…修法師(しゅほし)と呼ばれる祈祷師の資格を取るため、これまで2回、荒行を経験した。千葉県の法華経寺に籠り、早朝3時から3時間ごとに繰り返す水行と共に経をあげ続け、1日2回の食事で11月〜2月の4カ月間を過ごした。「身体は辛いけれど、自分と向き合う時間は、贅沢なようにも思えました」。9年前の荒行ではJCメンバーも応援に訪れ、「少し照れ臭いような感じ。ありがたかった」と友情を感じた。

 ○…JCの活動が忙しく、家を空けることもしばしばだが、「家族の支えがあってこそ専念できる」と感謝する。選挙権の18歳引き下げを受け、取り組みたいと熱を入れるのは若者たちの教育だ。中学生や高校生を対象に、模擬議会の実施など企画は山ほど。「ただ投票に行けばいいのではなく、自分でまちのことを考え、責任を持って投じる一票を増やしたい」と、自身もそうであったように、平塚への愛着を育む。

平塚版の人物風土記最新6件

岩崎 稔さん

自由民権結社の湘南社を研究し「鈴木房五郎」の論文を平塚市博物館に寄稿した

岩崎 稔さん

2月22日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月15日号

中根 瞳さん

「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

中根 瞳さん

2月8日号

平田 昇さん

NPO法人平塚のら猫を減らす会の理事長

平田 昇さん

2月1日号

土井 浩さん

元平塚市博物館長で、金田の郷土史本『わが住む里の江戸時代―かねだ―』を執筆した

土井 浩さん

1月25日号

岩崎 和輝さん

「第6回三十路式」の実行委員長を務める

岩崎 和輝さん

1月18日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク