平塚版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

中国のハンセン病快復村でボランティア活動に取り組む 原田 燎太郎さん 高村出身 39歳

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena

「社会問題ではなく財産に」

 ○…中国のハンセン病快復村で活動するNPO団体「家(ジア)―JIA―」を設立して13年が経つ。村に住み込みでトイレや道路を整備するワークキャンプには日中韓の若者を中心に延べ1万5千人が参加する。「僕はいじめられっ子で友達もいなかったし、就活もダメで腐っていた。そんな時、先輩が中国でワークキャンプをやろうと声をかけてくれた」ときっかけを振り返る。「唯一自分を必要としてくれた気がして嬉しかった」

 ○…27歳の時、ワークキャンプに参加していた中国人女性と結婚した。「僕たちが付き合っていることを知ると、村のみんなが『ボランティアはいいから、就職して結婚しろ』と言ってきた」と苦笑い。タバコを薦められれば咳込みながらも付き合い、時には酒を酌み交わした村人たち。その祝福は家族同然のものだった。今では9歳の長女と5歳の長男も生まれ、妻の家族と中国で生活中。「僕は朝ご飯を作る係。お味噌汁用の味噌は現地では高いから手作りしたくて、麹を取り寄せました」と、好奇心旺盛な性格を垣間見せる。

 ○…平塚ロータリーとの記念事業もあり、昨年11月からは毎月のように帰国している。小さい頃によく遊んだという高村団地に子供を連れて行ったこともあった。母校の勝原小学校では、卒業制作したついたてを発見。「懐かしさもあって嬉しかった。残っているものですね」と顔をほころばせる。

 ○…「ハンセン病になったことを受け止めて生活する村人に関わることで、文句を言って何でも人のせいにしていた自分に改めて気付かされた」。村人との交流によって自分と若者たちの成長を感じた。高齢化が進み閉鎖や合併になる快復村もある中、活動は村の整備から、ハンセン病についての記録を残すことへ変化している最中だ。ドキュメンタリー映画や書籍出版を通して「ハンセン病を社会問題ではなく、社会の財産にしたい」と熱い眼差しを注ぎ続ける。

平塚版の人物風土記最新6

水嶋 一耀さん

今年50周年を迎えた市内の美術愛好会・すさ美会の会長を務める

水嶋 一耀さん

紅谷町在住 77歳

6月17日号

松山 明彦さん

平塚市観光協会の事務局長に6月1日付けで就任した

松山 明彦さん

岡崎在住 60歳

6月10日号

黒澤 保さん

平塚理容組合の支部長を務める

黒澤 保さん

徳延在住 55歳

6月3日号

山本 秀也(ひでや)さん

今年4月から平塚経進会会長に就任した

山本 秀也(ひでや)さん

御殿在住 65歳

5月27日号

久保 徹さん

4月1日付で県平塚土木事務所の所長に就任した

久保 徹さん

東八幡出身 59歳

5月20日号

竹村 洋治郎さん

4月1日付で湘南地域県政総合センターの所長に就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月13日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新 文化

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter