平塚版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

元平塚市博物館長で、金田の郷土史本『わが住む里の江戸時代―かねだ―』を執筆した 土井 浩さん ふじみ野在住 73歳

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

まちの歴史照らす研究者

 ○…昨年11月発行の金田村の郷土史本では、歴史研究者としての視点で、名もない村人たちの人生を見つめている。金田村史をつくる会から依頼を受け、地元住民らと一緒に地域に残る史料を洗い直した。「断片的な文書をつなぎあわせることで、江戸時代の暮らしが見えてきた。村人の人生を想像するのは楽しい作業でした」と、完成した本を手にほっとした表情を見せる。

 ○…北海道稚内市で生まれ、函館で育った。大学に通うため上京し、明治100年記念の神奈川県史の編纂に大学院生として参加した。研究の専門は江戸時代。卒業後は大磯町の学芸員を経て、博物館創設を控えた平塚市に職場を移した。「展示できるような史料は焼夷弾が1、2本だけだった」と目を丸くする。5年ほどかけて市内の民家を訪ね回り、歴史的な文献や遺物を足でかせいだ。

 ○…「目指したのは先進的な博物館」と、市民を巻き込んで地域の成り立ちを調査する在り方を模索した開設当初を振り返る。戦後50年の『空襲展』では自費でワシントンに渡米、軍が記録した写真やフィルム約100点を持ち帰り、空襲被害を伝えた。「特別展を催すことでまちおこしをやってきた。それにしても、妻がよくお金を出してくれました」と頭をかく。

 ○…木谷實や村井弦斎ら平塚ゆかりの人物の掘り起こしに尽力した。周知のために企画した弦斎まつりや囲碁まつりはすっかり地域に根付いている。調査を重ね、偉人の輪郭が鮮明になるほど、市民に知らせたいという思いがつのった。「甚大な空襲被害から復興したことや、文人が功績を残したことは、自分のまちに誇りや愛着を持つきっかけになる」。市内の歴史を長年にわたり追求し、今でも「平塚の生き字引」として頼られる。「まだまだやることはたくさん。次は近代、自由民権運動などを掘り起こしたいですね」と研究者の目がキラリと光る。

平塚版の人物風土記最新6

田中 國義さん

平塚市スポーツ協会の会長を務める

田中 國義さん

富士見町在住 79歳

8月11日号

鈴木 憲子(のりこ)さん

今年70周年を迎えた平塚美術家協会の会長

鈴木 憲子(のりこ)さん

横内在住 75歳

8月4日号

田中 政也さん

大磯海水浴場で監視リーダーを務める

田中 政也さん

真田在住 21歳

7月28日号

工藤 麻紀子さん

平塚市美術館で企画展「花が咲いて存在に気が付くみたいな」を開催している

工藤 麻紀子さん

横浜市在住 44歳

7月21日号

奈良部 真弓さん

湘南ひらつかライフセービングクラブでジュニア育成に携わる

奈良部 真弓さん

秦野市在住 56歳

7月14日号

坂口 由里香さん

平塚を拠点に活動するプロビーチバレー選手の

坂口 由里香さん

市内在住 27歳

7月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook