平塚版 掲載号:2019年1月10日号
  • LINE
  • hatena

2019年成人式実行委員会委員長を務める 西山 ひなのさん 万田在住 20歳

背筋をピンと伸ばし大人に

 ○…平塚市の男性1412人、女性1261人が成人を迎える。平成最後の成人式(トッケイセキュリティ平塚総合体育館)は、中学時代の恩師からのビデオレターや人気お笑い芸人のステージをはじめ、地域の店舗から割引などのサービスの提供が受けられる「ハタチパス」など趣向を凝らした企画を用意した。「何十年経っても思い出に残る成人式にしたい」と意気込む。

 ○…中学校時代から地域福祉に興味を持ち、高齢者や児童との交流ボランティアに携わってきた。「経験を活かし、成人式に携わってみたい」と実行委員に立候補した。集まった委員は4人と例年の半分以下だったが、「少数精鋭、アイデアで勝負」と予算をかけずにHP、パンフレットも自主制作した。舞台飾りも東海大学のデザイン文化学科の協力でオリジナルに仕上がった。「地域の方のおかげで準備が整った、感謝の思いでいっぱいです」と笑顔を浮かべる。

 ○…日本大学芸術学部で日本舞踊を専攻している。七五三をきっかけに着物を着る楽しさに目覚め、7歳で日舞を始めた。「一人が何役もこなして、面白い」と子供ながらに夢中になった。8歳で初舞台を踏み、11歳で名取りし、国立劇場で役を務めた経験も持つ。大学では創作舞踊にも取り組み、日舞の新たな魅力発信に力を入れる。「敷居の高さを取り払い、同年代に楽しさを伝えたい」と夢を膨らませる。

 ○…通学のため、埼玉で初の一人暮らしを体験中。週末は得意の料理とお菓子作り、友人たちを招いてホームパーティーと、満喫する。好きな言葉はアインシュタインの「神はサイコロを振らない」。「失敗も成功も次のステップになると信じて、ピンと背筋を伸ばして生きていきたい」と微笑んだ。

平塚版の人物風土記最新6件

鳥山 優子さん

平塚商工会議所女性会の会長に就任した

鳥山 優子さん

5月16日号

二見 義和さん

平塚商工会議所青年部(平塚YEG)の会長に就任した

二見 義和さん

5月1日号

清水 浩三さん

湘南NPOサポートセンターで、メインライターとして市民活動を取材する

清水 浩三さん

4月25日号

目黒 広一(ひろいち)さん

第62回「農民文学賞」を受賞した

目黒 広一(ひろいち)さん

4月18日号

赤木 眞さん

4月1日付で平塚市消防本部の第20代消防長に就任した

赤木 眞さん

4月11日号

松澤 周平さん

東京ヴェルディ1969のトップチームで通訳を務める

松澤 周平さん

4月4日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク